@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法家【ほうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法家
ほうか
fa jia
中国古代に興り,刑法術を政治の手段として主張した学派。春秋時代の管仲が法家思想のとされ,戦国時代の李 悝 (りかい) ,商鞅申不害慎到らが法家の系列に属する。韓非子にいたってこの思想が集大成され,その著『韓非子』 20巻は先法思想の精華といわれる。法家は法と術とを重んじ,法は賞罰を明らかにして公開し,特に厳刑主義をとって人民に遵守を促すものであり,術は人主の胸中に秘して臨機応変,その意志に人民を従わせる統御術とされた。政治を道徳から切り離した実定法至上主義であり,儒家徳治,礼治を強調したことと顕著に対立する。法家思想は秦代の政策のうえに大いに具現されたが,漢代以降,学派としては消滅した。漢代には儒法2家の融合をみて,儒家は法的制裁をかりて礼の実現に努め,礼と法とは表裏をなしつつ,その後の中国法の性格を形づくるものとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐か〔ハフ‐〕【法家】
法律学者。法律家。
中国、戦国時代諸子百家の一。法による厳格な政治を行い、君主権力を強化し、富国強兵をはかろうとする政治思想。また、そのを説く学者申不害商鞅(しょうおう)から韓非(かんぴ)によって大成された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐け〔ハフ‐〕【法家】
法律に関する学問を伝える家。また、その家の人。明法家(みょうぼうけ)。ほっけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうか【法家 Fǎ jiā】
中国,古代に発達した,君主統治の中心に〈法・勢・術〉をおく思想家と著述をさす。実定法による治民策は春秋末期の宗法制・礼楽秩序の壊頽に対応して,子産(鄭の執政)や范宣子(はんせんし)(晋の(けい))の刑律公開がある。戦国初期の魏の,李悝(りかい)()の《法経》制作による富国策と楚の呉起(?‐前381)の法治による君権強化策は,同時に起こった。両者をうけて,商鞅(しようおう)の変法は,隣保・家族制や軍功爵による集権支配と官僚制,土地改革などの富国強兵策とを,法制をしいて秦で強行した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうか【法家】
中国、戦国時代の諸子百家の一。法律により天下を治める法治を説いた思想家・政治家。申不害・商鞅しようおうらに次いで韓非が大成。秦の李斯りしに影響を与えた。
法律家。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうけ【法家】
律令などの法律に関する学問を代々伝えた家系。また、その家系の人。明法家みようぼうけ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

法家
ほうか
中国、戦国時代の諸子百家の一派。法を基準として信賞必罰の政治を行い、旧来の貴族の特権を認める礼を排除して権力を君主に集中し、富国強兵を図ることを主張する一連の政治家、思想家をさす。利を好み害を悪(にく)むのが人間の本性だとする人間観にたち、教化を考えずに賞(利)と罰(害)を伴う法の適用による臣民の統御を唱えた。儒家(じゅか)の徳による感化の狭い領域支配に対して、法の一律的適用の支配は広範な領域の統治に適したもので、全国の統一的支配、中央集権化の時代の趨勢(すうせい)に合致した。秦(しん)の後の漢(かん)代は儒教国家だとされるが、実質は法家的政治が行われた。また法家は、個に対する全体、家に対する国、臣民に対する君主の優位を主張する。思想家として有名なのは、李(りかい)の法思想を継承した商鞅(しょうおう)、術の考察に優れた申不害(しんふがい)、勢を重視した慎到(しんとう)、以上の三者の考えを総合した韓非(かんぴ)などがいる。著作は『商君書』(『商子』)、『慎子』、『韓非子』、『管子』などが現存する。[澤田多喜男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐か ハフ‥【法家】
〘名〙
① 法学に精通している人。法律家。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「二三の法家の講筵に列ることにおもひ定めて」
② 古代中国の諸子百家の一つ。道徳よりも法律を重んじ、礼楽を排して刑名を主とし、これを行なう政治を帝王の道とするもの。また、その考えを述べた書。管子、申子、商子、韓非子など。〔史記‐太史公自序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐け【法家】
〘名〙
[一] (ハフ:) 古代、中世、律令などの法律に関する学問を専門とする官人。明法博士・勘解由使・判事などの職にあることが多いが、特定の官職ではない。転じて、代々その学問を伝える家。また、その家の人。
※三代実録‐貞観四年(862)八月是月「永直閑臥私第、授律令於生徒、〈略〉法家栄之」
[二] (ホフ:) 仏門。寺院。僧侶の社会。
※大日本国法華経験記(1040‐44)下「少年入法家、読誦法華経

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐け【法家】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

法家
ほうか
戦国時代に,現実的な法律によって天下を治めることを主張した学派。諸子百家の1つ
法を基準に信賞必罰を原則とし,君主への権力集中をはかった。代表的には,秦の商鞅 (しようおう) によって行われ,韓非 (かんぴ) によって理論化された。李斯 (りし) は始皇帝の宰相としてこれを実行し,秦の天下統一・中央集権に貢献した。他に韓の申不害,慎到らが有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation