@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法廷警察権【ほうていけいさつけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法廷警察権
ほうていけいさつけん
Sitzungspolizei
法廷の威信を保ち,法廷の秩序を維持する権力的作用。法廷警察権の行使は,合議体の場合には裁判長,単独体の場合には当該裁判官にゆだねられる (裁判所法 71条1項) 。法廷においての裁判所の職務の執行を妨げたり,不当な行状をするに対して退廷を命じたり,そのほか法廷の秩序維持に必要な事項を命じたりする (71条2項) 。その権限行使にあたっては,廷吏のほか警察官派出を要求することができる (71条の2) 。 (→法廷等の秩序維持に関する法律 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうてい‐けいさつけん〔ハフテイ‐〕【法廷警察権】
法廷における秩序を維持するために、裁判官に与えられている強制力を行使する権利。必要と認めるときは警察官の派出を要求することもできる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうていけいさつけん【法廷警察権】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

法廷警察権
ほうていけいさつけん

裁判所の裁判権の一作用であって、法廷の秩序を維持するための裁判長または開廷をした1人の裁判官の権利をいう。裁判長または開廷をした1人の裁判官は、法廷における裁判所の職務の執行を妨げ、または不当な行状をする者に対し、退廷を命じ、その他法廷における秩序を維持するのに必要な事項を命じ、または処置をとることができる(裁判所法71条2項、71条の2、72条、73条)。法廷での写真・テレビ撮影を規制したり、傍聴人のメモ録取を許可するなどの権限もここに含まれる。なお、法廷警察権は、原則として開廷中の法廷内にのみ及ぶが、法廷秩序を妨害する行為がなされる限り、これに接着する時間・場所にも及びうる。また、被告人は、裁判長の許可がなければ、退廷することができないのであり、裁判長は、被告人を在廷させるため、または法廷の秩序を維持するため相当な処分をすることができる(刑事訴訟法288条)。法廷警察権の権限行使に違反した場合として、法廷等の秩序維持のための裁判所の命令や措置に従わず、暴言、暴行、けん騒その他不穏当な言動で裁判所の職務の執行を妨害しもしくは裁判の威信を著しく害した者には、行政上の制裁(20日以下の監置もしくは3万円以下の過料、またはこれを併科する)が科され(法廷等の秩序維持に関する法律2条)、あるいは、裁判所法上の審判妨害罪による刑事罰(1年以下の懲役もしくは禁錮または2万円以下の罰金)が科されうる(裁判所法73条、罰金等臨時措置法2条)。前者の場合は、当該裁判所自身が制裁を科するのに対し、後者の場合は、通常の刑事事件として別の裁判所が刑罰を言い渡す。

[内田一郎・田口守一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法廷警察権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法廷警察権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation