@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法曹【ほうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法曹
ほうそう
legal profession; lawyer
法律専門家のことで,法律実務に従事する裁判官検察官弁護士総称。広義では法律実務家と法学者を総称する場合もある。社会において占めるその重要性から法曹の資格は法定されており,裁判官,検察官,弁護士は原則として司法試験に合格し,司法修習生の修習を終えた者である (裁判所法 42,検察庁法 18,弁護士法4) 。 (→法曹一元論 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐そう〔ハフサウ〕【法曹】
法律事務に従事する人。特に、裁判官検察官弁護士などをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうそう【法曹】
弁護士,検察官,裁判官の総称であって,法律実務家という観念に近いが,法学者を含むこともある。 英米法系の各国においては,これらの法律的職業に一体感が強く,リーガル・プロフェッションlegal professionという単数形でこれらを包括するのがならわしであるが,ローマ法系の国においては,それぞれの職業に独立性,排他性が強く,英米法系の国のように単一の職業の機能的分化と見る風習が定着しない傾向がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

法曹
ほうそう

司法制度の担い手として法律実務に従事する者。今日の司法制度が裁判官、検察官および弁護士の三者により担われているところから、一般的にはこれら法曹三者をいうが、司法官(裁判官)のみをさす場合もある。わが国では司法制度が三者一体となって運営されるべきものという趣旨から、法曹養成の第一段階では、司法修習生の制度により、これら法曹三者は統一的に養成される。

[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐そう ハフサウ【法曹】
〘名〙 法務をつかさどる者。法律の事務に従事する人。特に、裁判官、検察官、弁護士などをさす。法律家。ほっそう。
※徒然草(1331頃)二〇五「起請文といふ事、法曹にはその沙汰なし」 〔韓愈‐鄭羣贈簟詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法曹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法曹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation