@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法皇【ほうおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法皇
ほうおう
太上天皇 (だじょうてんのう) すなわち上皇 (じょうこう) が落飾して出家した場合の尊。正式には太上法皇という。聖武天皇は天平感宝1 (749) 年孝謙天皇に譲位し太上天皇となったが,のち出家して勝満と号した。しかしこの場合には法皇と称さなかった。平安時代に宇多天皇が譲位ののち仁和寺に入って出家し,年号をとって寛平法皇と呼ばれたのが最初といわれる。歴史に法皇の存在が大きく現れるのは院政期で,白河,鳥羽,後白河の3天皇は上皇となり,さらに法皇として政を行なった。江戸時代の霊元法皇が最後とされる。 (→院政 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうおう【法皇】
出家した上皇,すなわち太上天皇の称。太上法皇の略。法王と書いた例もある。天皇の出家の事例は,いまその時期を確定できない聖武天皇の例と,臨終に際し急遽落飾した天皇の例を除くと,すべて譲位後の出家で,奈良時代の孝謙上皇から江戸時代の霊元上皇に至るまで,北朝の上皇も含めて35例を数える。そのほか,即位せずして太上天皇の尊号をうけた後高倉院(守貞親王)と後崇光院(貞成親王)は,いずれも親王のとき出家していたので,尊号宣下以後は法皇ともよばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうおう【法皇】
出家した上皇の称。太上法皇の略。上皇の出家は、聖武上皇・孝謙上皇・清和上皇の例もあるが、法皇を称したのは、寛平法皇と呼ばれた宇多上皇が初例。
法王に同じ。
法王に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

法皇
ほうおう
出家した太上(だいじょう)天皇の称。太上天皇の出家した例は、出家の時期が譲位の前後いずれとも決しがたい聖武(しょうむ)天皇の場合を除いて、孝謙(こうけん)上皇より霊元(れいげん)上皇に至るまで35例を数える。その間、法皇の称は、899年(昌泰2)宇多(うだ)上皇が出家して尊号を辞退したのち、太上法皇とよばれたのに始まり、爾後(じご)、法皇と称して上皇と区別するのが普通となったが、正式の称号はやはり太上天皇である。また法帝、禅皇(ぜんこう)などの称もある。なお、皇位につかずして太上天皇の尊号を宣下(せんげ)された後堀河(ごほりかわ)天皇の父後高倉(ごたかくら)院および後花園(ごはなぞの)天皇の父後崇光(ごすこう)院は、いずれも親王のときすでに出家していたので、尊号宣下後は法皇とよばれた。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐おう ホフワウ【法皇】
〘名〙
① 仏門にはいった上皇を敬っていう語。太上法皇。法王。
※古今(905‐914)雑上・九一九・詞書「法皇西川におはしましたりける日」
※性霊集‐七(835頃)為荒城大夫奉造幡上仏像願文「覚樹法皇、入微塵以无始」
※霊異記(810‐824)下「同じ時に道鏡法師を以て法皇とし」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「羅馬の法皇は恰も天上地下の独尊なるが如し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

法皇
ほうおう
出家した上皇の呼び名
「太上法皇」の略。平安中期,宇多上皇に始まり,江戸時代の霊元法皇にまで至る。特に白河・鳥羽・後白河の3法皇は院政の中心人物として有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐おう〔ホフワウ〕【法皇】
《「太上法皇」の略》仏門に入った太上天皇呼称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation