@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

法親王【ほうしんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

法親王
ほうしんのう
出家以後,親王宣下 (せんげ) をこむった皇親をいう。「ほっしんのう」ともいう。白河院皇子覚行法親王 (仁和寺御室) が初例。ただし,孫王法親王の例もある。明治維新でこの号は廃止された。 (→入道親王 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐しんのう〔ホフシンワウ〕【法親王】
出家したのちに、親王宣下(せんげ)を受けた皇子。ほっしんのう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐しんのう〔‐シンワウ〕【法親王】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうしんのう【法親王】
出家した皇族を表す呼称。〈ほっしんのう〉ともいう。古くは古人大兄皇子大海人皇子の例があるが,平安時代に入ると,平城天皇の皇子高岳(たかおか)親王が,薬子の変により皇太子を廃されて出家し,真如と号したのをはじめ,皇族の出家の例が増加する。出家した親王に対する称呼としては,禅師親王や法師親王などの例があるが,このほかに法親王あるいは入道親王の称がある。通説では,法親王は出家した後親王宣下を受けた親王をいい,入道親王は親王宣下を受けた後に出家した親王をいうとされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ほう‐しんのう ホフシンワウ【法親王】
〘名〙 出家後、親王を賜わった皇子の称。ほっしんのう。
※北山抄(1012‐21頃)二「入道親王依召参候、〈略〉法親王依仰弾和琴

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐しんのう ‥シンワウ【法親王】
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「入道殿をば法親王(ホッシンワウ)と仰たてまつりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

法親王の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation