@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

泗川の戦い【しせんのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

泗川の戦い
しせんのたたかい
慶長の役 (→文禄・慶長の役 ) の際の朝鮮,慶尚南道の泗川城における戦い。文禄の役のあと,慶長2 (1597) 年,秀吉は再度朝鮮半島への出兵を行い,日本軍は明鮮連合軍に対し,随所で籠城戦を展開したが,いずれも苦戦に陥った。同3年9月末,明将董一元らの率いる 10万の大軍が泗川城にあった島津義弘らを攻めたが,義弘らは 2000の兵をもって,同 10月1日これを撃破した。これを機として明鮮と講和し,撤兵への足掛りとした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

泗川の戦い
しせんのたたかい
慶長(けいちょう)の役の一戦闘。朝鮮慶尚道(けいしょうどう)泗川城に籠(こも)る島津軍が、明(みん)・朝鮮軍を破った戦いで、日本軍の撤兵を容易にする一因となった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

泗川の戦い
しせんのたたかい
1598年,慶長の役における一戦闘
慶長の再征にさいし,明・朝鮮の大軍が日本軍を攻撃したが,慶尚南道の泗川城において島津義弘らが奮戦し,城を守った。この勝利により日本軍の撤兵が容易になった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泗川の戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泗川の戦いの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation