@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

波止場【ハトバ】

デジタル大辞泉

はと‐ば【波止場】
港で、波止(はと)を築いた所。埠頭(ふとう)。船着き場。また、のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

波止場
1954年製作のアメリカ映画。原題《On the Waterfront》。監督:エリア・カザン、出演:マーロン・ブランド、エバ・マリー・セイント、ロッド・スタイガー、カール・マルデンほか。第27回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞(マーロン・ブランド)、助演女優賞(エバ・マリー・セイント)、脚本賞、美術賞(白黒)、撮影賞(同)、編集賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はとば【波止場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はとば【波止場】
港で、波止はとのある所。埠頭ふとう。また、港のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

波止場
はとば
pier
古くから使われたことばで、港で波止のある場所をさして波止場とよんでいる。波止の語源には諸説があり、中国語の馬頭・埠頭(ふとう)などから転訛(てんか)したもの、あるいは泊(ハテ)から転じたものなどがあげられている。
 一般に海中へ土堰堤(えんてい)を細長く突き出し、その表面を石材で被覆した構造物で、波を防いで靜穏な水域をつくり、貨物の積み下ろしを行った所であり、現在でいえば、防波効果を含めた小型の突堤式物揚場、あるいは背後の運上所(税関)などの陸上施設を含めた突堤式埠頭に相当する。小型船は波止場で直接荷役が可能であるが、大型船は水深の関係から接岸は困難で、小型船を利用した沖荷役となる。
 現在の横浜港の大桟橋付近には、幕末の開港時において東波止場、西波止場が幕府により築造されていた。港湾施設が近代化へ向かう明治20年代以前の名残(なごり)の一つでもあったといえよう。[堀口孝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はと‐ば【波止場】
〘名〙 港の波止(はと)のあるところ。ふなつきば。埠頭(ふとう)。また、広く港の意味に用いることもある。
※島根のすさみ‐天保一一年(1840)六月二三日「波渡(ハト)場にてはしけ船え乗夫より乗船、船は二十梃櫓也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波止場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

波止場の関連情報

他サービスで検索

「波止場」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation