@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

泥棒【ドロボウ】

デジタル大辞泉

どろ‐ぼう〔‐ボウ|‐バウ〕【泥棒/泥坊】
[名](スル)人のをぬすむこと。また、その人。ぬすびと。「―に入られる」「人の物を―してはいけない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どろぼう【泥棒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

泥棒
どろぼう
Вор/Vor

ロシアの作家レオーノフの長編小説。旧版は1927年に発表されたが、その後、抜本的に改作され、思想的にも深化されて、まったく別の作品になった第二版が、約30年を経た59年に発表された。ソ連時代の新経済政策ネップのもとで革命に幻滅し、理想を失って泥棒の首領になる元赤軍政治委員ミチカ・ベクシンを主人公に、酔いどれと犯罪者の巣くう革命直後のモスクワの裏町を舞台にしたこの小説で、作者は革命が単に古い社会体制の変革だけではなく、過去の膨大な文化を自分のものとし、新しい文化を生む戦いでなければならぬことを説いた。ドストエフスキーの継承者レオーノフの代表的傑作として高く評価されている。

[原 卓也]

『原卓也訳『泥棒』(『世界文学全集14』所収・1965・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どろ‐ぼう【泥棒・泥坊バウ
〘名〙
① (━する) 他人の物をぬすみ取る者。ぬすびと。盗賊。また、盗みをすること。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)九「白浪の濁りてくろきとろほうやすっぱのかはの流なるらん」
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)下「黒装束のどろぼう二人あらわれいで」
② なまけ者。放蕩者。また、ならず者。
※俳諧・俳諧次韻(1681)「生づらを蹴折かれては念無量〈揚水〉 泥坊消て雨の火青し〈芭蕉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泥棒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

泥棒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation