@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洋紙【ようし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洋紙
ようし
明治初年に西洋から導入した機械ずきを,手すきの和紙区別して呼んだことに由来する名称。しかし和紙も,洋紙原料である木材パルプを使い,機械ずきが行われるようになって,洋紙と和紙を技術的に区別することはむずかしい。また,板紙との区別も,重量と厚さによるだいたいの区別にすぎない。洋紙は,木材パルプ,わらパルプを原料とし,またこれらに紙屑マニラアサワタ,麻ぼろなどを混ぜて,紙すき機械ですいてつくる。新聞用紙,印刷用紙,筆記用紙,図画用紙包装用紙薄葉紙雑種紙などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐し〔ヤウ‐〕【洋紙】
西洋から伝わった製法で作った紙。木材・わら・ぼろなどのパルプおよびくず紙を機械的、化学的に処理して作る。⇔和紙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようし【洋紙】
日本古来のコウゾ,ミツマタ,ガンピを使い,ねりを加えて作る和紙以外の紙の総称。ただし板紙は除く。木材パルプまたは綿や麻などを主原料とし,これに塡料,サイズ剤,紙力増強剤,歩留り助剤,染料などの一部または全部を加えて抄造した紙で,明治時代になって従来の手すき和紙に代わって外国から技術や機械を導入して抄紙したということから洋紙と呼ばれる。日本における洋紙の生産は1874年有恒社が綿ぼろを原料として作ったのが初めであり,徐々に生産量が増加したが,洋紙の生産量が和紙のそれを超えたのは1913年以降である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようし【洋紙】
パルプを原料とし、機械漉き製紙法で作られる紙の総称。西洋でその製法が考案されたのでいう。新聞用紙・印刷用紙・包装用紙、模造紙・ロール紙・板紙など。 ⇔ 和紙

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

洋紙
ようし
海路伝来してきた紙を意味するが、普通はヨーロッパ伝来の製紙法により木材パルプを機械で抄(す)いた紙をいう。古代中国で発明された紙は麻ぼろなどから得た長繊維パルプから手すき技術によって製造されていたが、ヨーロッパに渡り抄紙機械が発明され、木材パルプを用い大量生産が可能な洋紙となった。日本では現在、紙および板紙のほとんどが洋紙である。なお、伝統的和紙の原料となる三椏(みつまた)パルプ、雁皮(がんぴ)パルプのほか麻パルプなどの長繊維パルプを機械で抄いた和紙風の薄葉紙(うすようし)や、場合によっては木材パルプを主原料として機械で抄いて図面の複写用の薄葉紙に仕上げたものは、機械抄き和紙として取り扱われる。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐し ヤウ‥【洋紙】
〘名〙 西洋から渡来した紙。また、特に、日本で昔から漉(す)いている手漉紙(和紙)に対して、明治七年(一八七四)に漉き始めた機械漉きの西洋紙をいう。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「ペイプル〈洋紙〉に斯なんしるす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洋紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洋紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation