@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洋装本【ようそうぼん】

大辞林 第三版

ようそうぼん【洋装本】
装丁などの仕立て方が西洋風である本。一般には、両面刷りした刷り本を折り丁とし、中身を糸綴じ・針金綴じ・無線綴じなどで一冊にまとめ、三方を化粧裁ちして表紙でくるんだもの。 ⇔ 和装本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようそう‐ぼん ヤウサウ‥【洋装本】
〘名〙 製本様式の一つ。糸とじの中身を丸背または角背に固め表紙ばりした表紙をかぶせて仕上げる本製本(上製)、糸とじ、針金とじなどでとじた中身に表紙をかぶせ、中身と表紙とを一度に仕上げ裁ちする仮製本(並製)、中身を針金とじし、背はクロス、板紙を心とした厚表紙でくるむ南京の三種がある。また、その様式の本。洋綴本。
※書物(1944)甲〈森銑三〉一三「新刊書といへば洋紙の洋装本に殆ど限られてしまってゐるやうであるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ようそう‐ぼん〔ヤウサウ‐〕【洋装本】
洋風の製本様式による。洋とじ本。洋製本。⇔和装本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洋装本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洋装本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation