@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洋酒【ようしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洋酒
ようしゅ
西洋から伝わった。日本酒に対する名称で,ビールウイスキーをはじめとして,多種多様にわたる。製法で分けると,単発酵式のワイン,複発酵式のビール,蒸留法 (蒸留酒) によるウイスキー,ブランデーウォツカ混合酒 (混成酒) のジンアブサンペパーミント,キュラソー,カクテルなどがある。所得の向上と嗜好の変化などから,日本の洋酒需要は伸びており,1989年の年間消費量はビール 606万 480kl (1人あたり 67.9l) ,ウイスキー 23万 2677kl (2.6l) ,ブランデー4万 335kl (0.5l) 。なお 89年の酒税法の改正でウイスキーの級別 (特級,1・2級) 制が廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐しゅ〔ヤウ‐〕【洋酒】
西洋から渡来した酒。また、西洋の製法に倣(なら)って造った酒。ウイスキー・ブランデー・ワイン・ビールなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようしゅ【洋酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようしゅ【洋酒】
西洋から伝来した酒。またその製法にならって醸造した酒。ウイスキー・ブランデー・ウオツカ・ワインなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

ようしゅ【洋酒】

西洋から渡来した酒や、その製法にならってつくる酒の総称。ウイスキー、ブランデー、ワインなど。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

洋酒
ようしゅ
西洋すなわちヨーロッパ、アメリカから渡来した酒、また、その製法に倣って製造した酒。広くはビールやワインなどの醸造酒も含まれるが、通常「洋酒」という場合、蒸留してつくるウイスキーやブランデー、あるいはスピリッツ類のようにアルコール分の強い酒をさすことが多い。原料にはオオムギ、コムギ、ライムギ、トウモロコシなどの穀類、ブドウ、リンゴ、サクランボなどの果実、またジャガイモやサトウキビなどが用いられる。蒸留法としては、ポットスチル(単式蒸留機)による伝来の方法と、近代的なパテントスチル(連続式蒸留機)によりアルコールを蒸留する方法とがある。前者は蒸留が不完全であるため、アルコール以外の成分が混じって原料の持ち味を生かした酒ができ、後者は95度ぐらいの純粋に近いアルコールを留出するため、これに香味を加えたり、水で薄めたりして飲用する。
 原料面から分けると、オオムギ(麦芽)からつくるウイスキー、ワインを蒸留したブランデー、りんご酒を蒸留してつくるアップルブランデー(カルバドス)、サトウキビからつくるラム酒などがある。それぞれ原料や発酵法の違いによる香味が生かされ、特色のある性格をもつ。ジンの原料はライムギとトウモロコシであるが、蒸留時に蒸留釜(がま)の上部の棚にネズ(杜松)の実(ジュニパーベリー)を置き、この層をアルコール蒸気が通過して、特色のあるジュニパーの香りのある酒となる。アクアビットは、キャラウェーシードで風味をつけた中性アルコールを蒸留してつくる、独特の香りをもつスカンジナビア産のスピリッツである。ウォツカは、オオムギ(コムギやトウモロコシなどを使う場合もある)を原料とし、パテントスチルで得た中性アルコールを薄め、シラカバの炭の層を通してつくる。このほかスピリッツやブランデーの中に果実、草根木皮、花などを浸し、これに砂糖で甘味づけしたリキュール類がある。
 一般的な飲み方は、食前にはドライなシェリーやスピリッツのカクテル、食中にはワイン、食後にはブランデーや強いスピリッツ類や甘いリキュールが用いられる。
 わが国にヨーロッパの酒が入ってくるようになったのは、16世紀後半、いわゆる南蛮人の渡来以降のことである。キリスト教の伝来に伴って、イエスの血を象徴するワインが伝えられ、江戸時代には珍陀(ちんた)酒(vinho-tinto、赤ワイン)の名で知られた。また、アラキ(阿剌吉)といった焼酎(しょうちゅう)(焼酒)は、中国あるいはタイから沖縄を経て鹿児島にその技法が伝えられたとされている。幕末・維新期になって、ワインをはじめシェリー、シャンパン、リキュール、ブランデー、ビール、ウイスキーなど各種の洋酒が輸入されるようになった。ビールは、1869年(明治2)アメリカ人W・コープランドが横浜で醸造を始めた。ワインは、1877年山梨県で県令藤村紫朗(しろう)が県立醸造場を設立、同年、土屋と高野の2青年がブドウ栽培とワイン醸造習得のためフランス留学に出発。ウイスキーは、1923年(大正12)サントリー創立者鳥井信治郎により製造が始められた。[秋山裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐しゅ ヤウ‥【洋酒】
〘名〙 西洋から渡来した酒。また、西欧の製法にならって造った酒。ワイン・ウイスキー・ブランデー・ビールの類。西洋酒。
※横浜毎週新聞‐一号(1872)一月「巧に餐刀叉手を用ひて洋酒洋食を喫し給ふに至りたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洋酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洋酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation