@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洋風画【ようふうが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洋風画
ようふうが
西洋画影響を受けて桃山江戸時代に日本で描かれた絵画で,2期に分けられる。第1期洋風画 (南蛮絵 ) はキリスト教伝来に伴ってイエズス会のセミナリオ,コレジヨなどの機関を中心に,聖画制作を目的として桃山時代以降発生。世俗画にも及んだが,鎖国令やキリスト教禁圧とともに消滅した。代表作に『泰西王侯騎馬図屏風』などがある。第2期洋風画 (紅毛画 ) は江戸時代中期以降,蘭学と密接な関係のもとに展開。南蛮絵に比し理論的関心の強いことが特徴。平賀源内小田野直武佐竹曙山らの秋田系,司馬江漢らの江戸系,荒木如元らの長崎系,さらに亜欧堂田善らの須賀川系が銅版画写生画に活躍した。第1期洋風画が伝統的絵画にほとんど影響を与えなかったのに対し,第2期洋風画は浮世絵や写生派など同時代の絵画に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ようふう‐が〔ヤウフウグワ〕【洋風画】
桃山時代・江戸時代に西洋画の影響を受けて描かれた絵画。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようふうが【洋風画】
明治以前の日本で西洋画法に基づいて描かれた絵画。南蛮屛風長崎版画のように,西洋の人物や商船主題としても,在来の伝統的画法によるものはこのなかに含まれない。逆に東洋的主題や日本の風景,人物を扱い,材料として紙,や日本絵具を使っていても,陰影法と透視遠近法のような西洋画の視点に基づく絵画は,洋風画といえる。また明治以後に,本格的な西洋画法によって描かれた日本絵画は,ふつう洋画と呼んで区別している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

洋風画
ようふうが
西洋画法により描かれた近代以前の日本絵画。洋人や洋船を主題としていても、東洋画法によるものは含まない。逆に東洋的主題や日本風景、風俗を扱い、紙、絹や日本絵の具を用いても、西洋画法の視点に基づく絵画は洋風画である。洋風画は前期(桃山~江戸前期)、後期(江戸後期)の二期に分けられる。そして、かつては第一期洋風画を南蛮絵(なんばんえ)、第二期洋風画を紅毛画(こうもうが)、オランダ絵(阿蘭陀絵、和蘭陀絵、和蘭絵)、および蘭画(らんが)などといった。
 第一期洋風画の母胎は、近世初期におけるキリスト教の伝播(でんぱ)である。当時日本布教にあたっていたイエズス会では、輸入キリスト教聖画の不足を補うために、その宗教教育施設において、信者の日本人学生に西洋銅版画などを模写させ、聖画を制作させた。このため、1590年代の初めには多くの日本製聖画が世に出るようになったが、その後のキリスト教厳禁と鎖国のため、第一期洋風画は17世紀末までに衰滅した。それは日本で生まれたが、教会の布教政策の一環として形成され、外人聖職者の指導もあったから、西欧絵画の直系に属する。近世初期に描かれた聖画は、ほとんど破壊焼却されてしまったが、わずかの現存遺品をみると、肉筆画、銅版画とも、輸入原画をかなり巧みに模写したことがわかる。一方、聖画以外に世俗画も当時の南蛮趣味にこたえるため、あるいはヨーロッパの勢威と文化を示すために制作された。これらはキリスト教絵画でないため、相当数の遺品があり、西洋王侯の像、キリスト教国軍とイスラム軍の戦闘、世界の都市と風俗、洋人郊外遊楽の情景などの主題がある。これらもやはり輸入原画を写しているが、宗教画ほど図像上の制約がないため、画家たちは作品ごとに原画をすこしずつ変えて変化をつけている。また、第一期洋風画の世俗画は、他の近世初期の鑑賞画と同様に、多く屏風(びょうぶ)絵であるため、原画を横に伸ばしたり、つないだりしている例がある。しかし、世俗画も基本的には模写画であり、西洋画特有の視点に関心が薄く、制作期間も短かったため、同時代の画壇に刺激を与えずに終わった。第一期洋風画の衰滅後の江戸中期にも、多少の洋風表現の試みはあったが、それらについては省略する。
 第二期洋風画は、江戸中期以後の蘭学の発達に基づいて生まれた。初期の蘭学者は洋書の精密な挿絵をみて、西洋自然科学研究の必要性を痛感したが、同時期の洋風画家も、洋書の挿絵の迫真的表現に魅せられ、西洋画が写実性に勝ることを知り、陰影法や遠近法のような合理的視点を体得しようとした。この期の洋風画は鎖国体制下に生まれたから、まず、外人の指導は得られなかったし、18、9世紀の西欧絵画の主流とも無関係であった。また、西洋画法を学ぶにも、輸入の銅版画や図書の挿絵を写すという前近代的手段をとった。しかし、この期の洋風画家は、なによりも西洋画の写実性に関心を寄せ、西洋画法を伝統的画法に対立するものとして摂取しようとした。そのため、西洋原画の模写は彼らにとりおもに画法習得のためであって、第一期洋風画家のように目的自体ではなかった。当時、西洋画研究に用いる図書や銅版画はもちろん長崎を通じて輸入された。しかし、長崎の洋風画は、文化の中心である江戸より遅く生まれ、しかも技術は優れていても西洋の模写画が多かった。一方、知識階級の多い江戸では洋風画は大いに発達し、1770年代に秋田蘭画、ついで司馬江漢(しばこうかん)や亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)らが出た。江戸系洋風画は西洋原画の模写ばかりでなく、在来の伝統的画題の洋風画化、日本の風景や風俗の描写に相当の業績をあげた。それが明治以後の近代洋画の直接の祖先ではなかったとしても、同時代の一部の南画や写生画、北斎(ほくさい)や広重(ひろしげ)の風景版画にかなりの影響を及ぼしたのは、なんといってもそれが西洋画法そのものの摂取に熱心であり、東洋的あるいは日本的題材を開拓したからである。[成瀬不二雄]
『坂本満他著『原色日本の美術25 南蛮美術と洋風画』(1970・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようふう‐が ヤウフウグヮ【洋風画】
〘名〙 桃山時代と江戸時代に、西洋画の画法を取り入れて描かれた絵画。大きく、江戸前期までの第一期と、江戸中期から後期までの第二期に分けられる。明治以降は洋画と呼んで区別する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洋風画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洋風画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation