@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洛北【らくほく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洛北
らくほく
市の北部をさす通称平安京というで,洛南に対する。その範囲は明確ではないが,一般には北大路以北の修学院上賀茂鷹ヶ峰岩倉八瀬大原鞍馬比叡山などをさすことが多い。近郊農村から市街地化した住宅地区に変貌している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らく‐ほく【×洛北】
都の北。京都北郊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らくほく【洛北】
みやこの北。京都の北の郊外。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らく‐ほく【洛北】
〘名〙 みやこの北。京都の北の郊外、京都市街地の北部から北山までの一帯をさす。また、古くは平安京一条大路以北をいうこともあった。京都を中国の洛陽になぞらえての呼称。
※京羽二重織留(1689)三「止輿洛北大原の里勝林院の寺僧いにしへより声明をよくす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洛北」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洛北の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation