@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洞元湖【ドウゲンコ】

デジタル大辞泉

どうげん‐こ【洞元湖】
群馬県北部、利根郡みなかみ町にある人造湖。昭和30年(1955)、日本初の地下発電所として完成した須田貝ダムの貯水池。面積1.3平方キロメートル、湖面標高743メートル。利根川本流と支流の楢俣(ならまた)川の合流点をせき止めて造られた。周辺はブナ原生林

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうげんこ【洞元湖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

洞元湖
どうげんこ

群馬県北部、利根(とね)郡みなかみ町の利根川上流にある人造湖。1955年(昭和30)東京電力の須田貝ダム(すだがいだむ)(長さ194メートル、高さ73メートル)が完成し、利根本流と支流の楢俣(ならまた)川の合流点に貯水したもので、周囲21.2キロメートル。洞元湖の名は楢俣川の洞元ノ滝にちなむ。湖水はダムに接する地下式発電所(出力4万6000キロワット)で利用する。周辺はブナの原生林で、JR上越線水上駅からバスが通じ、観光地にもなっている。上流に矢木沢ダム(やぎさわだむ)(奥利根湖)、下流に藤原湖(ふじわらこ)がある。

[村木定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞元湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洞元湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation