@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洞爺湖温泉【とうやこおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洞爺湖温泉
とうやこおんせん
北海道南西部,洞爺湖町洞爺湖南岸に位置する温泉前方羊蹄山を眺め,背後に有珠山昭和新山を控えた景勝の地である。泉質食塩泉泉温は約 47℃で日本有数の湯量を誇る。温泉は 1917年に開発された。大規模な旅館街が形成され,湖畔にはゴルフ場,スキー場,火山科学館などが整備されている。北海道南部の一大観光基地をなし,支笏湖登別温泉にも近い。 1977年と 2000年の有珠山の噴火で温泉に大きな被害を生じたが復興した。支笏洞爺国立公園の中心。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

洞爺湖温泉
1910(明治43)年7月25日午後10時に始まった有珠山の噴火により、洞爺湖畔で天然の温泉がわき出たのが始まり。1917(大正6)年に第1号の温泉宿が開業した。今年3月には2000年の噴火から10年の節目も迎える。町の観光客入り込み数は93年度の約435万人をピークに減少。00年の噴火で一時100万人台前半まで落ち込んだ。02年度以降は300万人台を維持しているが、頭打ち傾向にある。今年度(4~12月)は約242万人で前年度同期比13%減少している。
(2010-02-12 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

とうやこ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【洞爺湖温泉】
北海道の洞爺湖町にある温泉。泉質は炭酸水素塩泉塩化物泉など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞爺湖温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洞爺湖温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation