@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洞院公賢【とういんきんかた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洞院公賢
とういんきんかた
[生]正応4(1291)
[没]正平15=延文5(1360).4.6.
鎌倉時代末期から南北朝時代の廷臣。実泰の子。母は小倉公雄の娘季子。永仁5 (1297) 年侍従,延慶1 (1308) 年従三位,翌年参議,元徳2 (30) 年内大臣。後醍醐天皇の信任を得たが,南北朝分裂のときは京都に残った。北朝の重臣として興国4=康永2 (43) 年左大臣,正平3=貞和4 (48) 年太政大臣に就任。最高の知識人として朝幕の尊敬を集めた。南朝の重臣であった子の実世とは表向き義絶していたが,内々連絡があったらしく,正平6=観応2 (51) 年の天下一統に際し左大臣となり,当時の政界の収拾に大きな役割を果した。日記『園太暦』をはじめ『皇代暦』『歴代最要鈔』などの著書があり,『拾芥抄 (しゅうがいしょう) 』も彼の著といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とういん‐きんかた〔トウヰン‐〕【洞院公賢】
[1291~1360]南北朝時代公卿有職故実に明るく、南北両朝から信任され、左大臣太政大臣に任じられた。「拾芥抄」「歴代最要抄」などの編著のほか日記「園太暦(えんたいりゃく)」がある。中園入道相国。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

洞院公賢 とういん-きんかた
1291-1360 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
正応(しょうおう)4年8月13日生まれ。洞院実泰(さねやす)の長男。母は小倉公雄(きんお)の娘。建武(けんむ)の新政で右大臣,南北朝分裂後は北朝の光厳上皇につかえ,太政(だいじょう)大臣となる。正平(しょうへい)一統につくすなど南朝の信頼もうけた。有職(ゆうそく)家としても知られる。従一位。中園(なかぞの)入道相国と称された。延文5=正平15年4月6日死去。70歳。著作に「皇代暦」,編著に「拾芥(しゅうがい)抄」。日記に「園太暦(えんたいりゃく)」。
【格言など】近来武士の所存皆かくのごとし。をもって,その恥に替えんと欲するか(「園太暦」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とういんきんかた【洞院公賢】
1291‐1360(正応4‐正平15∥延文5)
鎌倉末~南北朝時代の公卿。父は左大臣実泰,母は入道中納言藤原公雄の女,従二位季子。1294年(永仁2)従五位上,1309年(延慶2)参議からさらに権中納言,大納言を経て,30年(元徳2)には内大臣となったが31年(元弘1)の元弘の乱のために辞職した。33年建武政権成立とともに還任し,35年(建武2)には従一位右大臣に昇進した。南北両朝に分裂後は北朝に属し,43年(興国4∥康永2)左大臣,48年(正平3∥貞和4)太政大臣となり,49年牛車に乗って宮中出入りが許された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とういんきんかた【洞院公賢】
1291~1360 南北朝時代の公家。太政大臣。中園相国と称される。南北両朝より信任され、政界の収拾に活躍。また、故実に通じ「皇代暦」「拾芥抄」を著す。日記「園太暦えんたいりやく」は内乱期の重要な記録。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

洞院公賢 (とういんきんかた)
生年月日:1291年8月13日
鎌倉時代後期;南北朝時代の公卿
1360年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とういん‐きんかた【洞院公賢】
鎌倉・南北朝時代の公卿。太政大臣。法名空元。左大臣洞院実泰の子。北朝・南朝の両朝において登用された。延文四年(一三五九)出家。学識豊かで故実に通じていた。著書に「拾芥抄」「皇代暦」「歴代最要鈔」、日記「園太暦(えんたいりゃく)」がある。正応四~延文五=正平一五年(一二九一‐一三六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞院公賢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洞院公賢の関連情報

関連キーワード

南禅寺東山湛照サンガ南禅寺ルドルフスイス史(年表)イェルサレム王国南禅寺アルス・ノバ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation