@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洞院実煕【とういん さねひろ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

洞院実煕 とういん-さねひろ
1409-? 室町時代の公卿(くぎょう)。
応永16年生まれ。洞院満季(みつすえ)の子。康正(こうしょう)元年左大臣になるが,2年後に辞任して出家し東山に閑居する。有職(ゆうそく)故実にくわしく,洞院公賢(きんかた)の編著「拾芥(しゅうがい)」を訂し,「名目鈔(みょうもくしょう)」をあらわした。従一位。東山左府と称された。初名は実博。法名は元鏡。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

洞院実煕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洞院実煕の関連情報

関連キーワード

愚中周及足利満兼アレクサンデル5世トガ・テムル朝ヨハネス23世社会保障関係費一般歳出平成19年度予算マレーシアと日本愚中周及

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation