@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洞院実熙【とういん さねひろ】

美術人名辞典

洞院実熙
室町前期の公卿。応永16年(1409)生。父は内大臣洞院満季。初名は実博、法名は元鏡、東山左府と称する。従一位左大臣に至り、長禄元年(1457)辞官、出家した。朝儀典礼に通暁し、父祖公賢のした『拾芥抄』を訂したといわれる。他に『名目抄』、日記『実熙公記』がある。歿年未詳。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とういん‐さねひろ〔トウヰン‐〕【洞院実熙】
室町時代の公卿。初名、実博。左大臣となったが、のち出家して元鏡と称し、東山に閑居。有職故実に明るく、東山左府とよばれた。著「名目鈔」など。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とういんさねひろ【洞院実熙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

洞院実熙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洞院実熙の関連情報

関連キーワード

愚中周及足利満兼アレクサンデル5世トガ・テムル朝ヨハネス23世社会保障関係費一般歳出平成19年度予算マレーシアと日本愚中周及

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation