@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ウツロ】

デジタル大辞泉

うつろ【洞】
戦国時代、領主領民の組織した共同体。一門一族。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう【洞】[漢字項目]
常用漢字] [音]ドウ(慣) トウ(漢) [訓]ほら
〈ドウ〉
筒形に抜け通る穴。ほらあな。「洞窟(どうくつ)洞穴洞門空洞風洞鍾乳洞(しょうにゅうどう)
奥深い場所。婦人の部屋。また、仙人の住まい。「洞房・洞天」
奥底まで見抜く。「洞見洞察
〈トウ〉仙人の住まい。「仙洞
〈ほら〉「洞穴
[難読]雪洞(ぼんぼり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほら【洞】
がけ・岩・大木などにできた、中のうつろな穴。ほらあな。「木の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【洞/道】[漢字項目]
〈洞〉⇒どう
〈道〉⇒どう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うつろ【洞】
戦国時代の東国の有力領主層が,領域支配実現のために,一家一門を中心に周辺の非血縁者をも結集させた一種の擬制的な同族的地縁共同体。この言葉は15世紀末~17世紀初期に特徴的に登場し,近世幕藩体制の成立とともに消滅する。その登場地域は東国に集中しており,しかも使用主体は小山結城宇都宮佐竹,伊達,岩城,白河結城,蘆名最上氏などの旧族領主層が中心で,後北条氏のような新興勢力の場合にはまったく見られない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

どう【洞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うつろ【洞】
〘名〙 戦国時代、大名や領主の家。家中。一門。〔文明本節用集(室町中)〕
※朝倉孝景条々(1471‐81)子孫へ一書「諸事うつろをきんこうに沙汰致し候へば、他国の悪党等、いかやうにあつかひたるも不苦候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【洞】
〘名〙 朝鮮の地方行政区画の最小の単位。面の下の区画。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほら【洞】
〘名〙
① 崖(がけ)や巖、また老大木の根元や大木の朽木などにある、中のうつろな穴。ほらあな。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 谷。渓谷。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
③ 木が多く生えた、山あいの土地。
※交尾(1931)〈梶井基次郎〉二「一つのホラ(山あひの木のたくさん繁ったところ)には」
④ 仙室。仏堂。
※打聞集(1134頃)大師投五給事「寺造、定の所も造て窟(ホラ)を開つつ」
⑤ 川船の敷の両側に釘付けする側板。海船の根棚に相当するもの。〔和漢船用集(1766)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation