@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

津久井湖【ツクイコ】

デジタル大辞泉

つくい‐こ〔つくゐ‐〕【津久井湖】
神奈川県相模原市にある人造湖相模川上流をせき止めて造られた城山ダム貯水池。面積約2.5平方キロメートル。総貯水量6230万立方メートル。好釣り場が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つくいこ【津久井湖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

津久井湖
つくいこ

神奈川県北部、相模川(さがみがわ)上流部にある人造湖(ダム湖)。1965年(昭和40)に完成した城山ダムによりせき止められてできた。面積約2.47平方キロメートル。総貯水量6230万立方メートル。湖は関東山地東縁部にあたる山間部に広がり、湖岸は出入りに富み好釣り場が多い。湖上にはボート、釣り舟、遊覧船が浮かび、湖畔には津久井湖記念館、県立津久井湖城山公園などが設けられ、保養所やゴルフ場も建設されている。三井(みい)大橋、名手(なて)橋、道志(どうし)橋などが両岸を結ぶ。城山ダムは堤高75メートル、長さ260メートルの重力式ダムで、ダム体内に地下発電所が設けられている。また北部の丘陵には人造湖城山湖がつくられ、夜間に津久井湖から揚水された水を昼間に放水する揚水発電用の調整池となっている。これをあわせた城山発電所の最大出力は約25万キロワットで、関東地方有数の大規模発電所である。JR横浜線橋本駅から展望台までバス20分。

[浅香幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津久井湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津久井湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation