@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

津山市【つやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

津山〔市〕
つやま
岡山県北東部,吉井川上流域にあり,中国山地南斜面から津山盆地に広がる市。北部と東部は鳥取県に接する。 1929年市制。 1941年東苫田村,佐良山村,1954年田邑村,一宮村,高田村,高倉村,神庭村,高野村,広野村,大崎村,河辺村,滝尾村の 10村,1955年勝北町と勝央町の一部,2005年加茂町,阿波村,勝北町,久米町をそれぞれ編入。中心市街地の津山には弥生時代の住居遺跡があり,早くから出雲街道,吉井川の高瀬舟交通など水陸の要地として繁栄。和銅6 (713) 年美作国府,国分寺が置かれ,美作国の中心となった。慶長8 (1603) 年森忠政が鶴山城を築き,以来城下町として発展。美濃から職人を集めて商工業の発展に努めた。美作地方の政治,経済,文化,交通の中心地で,撚紙バッグ,和紙などの伝統工業のほか繊維,電気機械器具,空調設備,食品などの工場が立地。院庄には工業団地がある。加茂,勝北の丘陵地では和牛を産し,阿波では林業が盛んである。美和山古墳群,津山城跡,院庄館跡,箕作阮甫旧宅,三成古墳といった国指定史跡や木造随神像 (国指定重要文化財) を所蔵する高野神社などがある。八幡神社の田熊の舞台は国の重要無形民俗文化財。久米中部の本谷のトラフダケ自生地は国の天然記念物の指定を受けている。北部は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。中国縦貫自動車道が通るほか,JR因美線津山線,姫新線が走る。面積 506.33km2。人口 10万3746(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つやま‐し【津山市】
津山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津山市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津山市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation