@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

津島恒之進【つしま つねのしん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

津島恒之進 つしま-つねのしん
1701-1755* 江戸時代中期の本草家。
元禄(げんろく)14年生まれ。松岡恕庵(じょあん)の門人。宝暦元年から大坂で本草会を毎年ひらき,のち江戸でひらかれるようになった同様の会の先がけとなった。弟子に戸田旭山(きょくざん),木村蒹葭堂(けんかどう)らがいる。宝暦4年12月13日死去。54歳。越中(富山県)出身。名は久成。号は如蘭,彭水(ほうすい)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津島恒之進」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津島恒之進の関連情報

関連キーワード

リスボン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)忠海ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマンカント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論マタラム本居宣長(国学者、神道学者)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation