@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

津島祭【ツシママツリ】

デジタル大辞泉

つしま‐まつり【津島祭】
津島神社祭礼。陰暦6月14、15日(現在は7月の第4土・日曜日)に行われる。神輿(みこし)をのせ、500個ほどの提灯(ちょうちん)をともした5隻のだんじり船が笛に合わせて対岸のお旅所にもうでるほか、種々の神事がある。津島川祭。天王祭 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つしままつり【津島祭】
愛知県の津島神社の夏の大祭。津島神社は牛頭天王(ごずてんのう)を祭神とし疫病よけの神として著名で,京都の八坂神社,兵庫の広峰神社とともに天王信仰の中心地として,各地の夏祭に大きな影響を与えた。津島祭は天王川祭,天王祭とも称され,もとは旧暦6月14,15日に行われた。現在は,7月第4土曜日の宵祭に多くの提灯を飾った巻藁船5艘が津島楽を奏しながら天王川(天王池)を御する。翌日の朝祭には能人形を飾った6艘の車楽船(だんじりぶね)が再び川を渡御する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

つしま‐まつり【津島祭】
〘名〙 愛知県津島市の津島神社の祭礼。神輿(みこし)を乗せた檀尻船(だんじりぶね)五艘に四百個ほどの提灯をつけ、津島笛を奏して対岸から御旅所にもうでる神事で、七月第四土曜日の夜に行なわれる。津島天王祭。津島川祭。《季・夏》
※虎明本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「つしままつりは、おもしろい事じゃとききおよふだが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津島祭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津島祭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation