@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

津島【つしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

津島
つしま
愛媛県南西部,宇和島市南部の旧町域。宇和海に臨む町。 1955年岩松町と清満村,御槇村,畑地村,下灘村,北灘村の5村が合体して津町が発足。 2005年宇和島市,吉田町,三間町と合体して宇和島市となった。中心集落の岩松木材集散地で,岩松川左岸の河口港として江戸時代から問屋発達。周辺では従来,段々畑でサツマイモ栽培が行なわれたが,1960年頃から柑橘類の栽培が増えた。沿岸は典型的なリアス海岸で,湾内ではハマチ真珠養殖が行なわれる。八幡神社,満願寺などの古社寺のほか,日本庭園の南楽園などの名所がある。南部は篠山県立自然公園足摺宇和海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つしま【津島】
愛知県西部の市。津島神社門前町として発達。毛織物発祥の地。人口6.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つしま【津島】[姓氏]
姓氏の一。
[補説]「津島」姓の人物
津島佑子(つしまゆうこ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

津島
徳島県海部郡牟岐(むぎ)町、牟岐湾沖合いにある無人島。スジダイ、アコウなどが自生し、「津島暖地性植物群落」として国の天然記念物に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津島
香川県三豊市、三野津湾にある無人島。津嶋神社があり、夏の例大祭の際には津島橋によって四国本土と結ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津島
愛媛県今治市の大島(越智大島)の西方約1キロメートルに位置する越智諸島の島。面積約1.49平方キロメートル。イチジクが特産品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

津島
つしま

愛媛県南部、北宇和郡にあった旧町名(津島町(ちょう))。現在は宇和島市の南部を占める地域。宇和海に面し、東は高知県に接する。旧津島町は、1955年(昭和30)岩松町と清満(きよみつ)、御槇(みまき)、畑地(はたじ)、下灘(しもなだ)、北灘の5村が合併して成立。2005年(平成17)吉田町、三間(みま)町とともに宇和島市に合併。国道56号が通じる。町名は中世にこの地を領有した津島氏にちなむ。県境の篠(ささ)山(1065メートル)には山岳信仰の篠山権現がある。篠山は宇和島藩時代には土佐藩との間にしばしば境界紛争のあった所。沿岸はリアス式海岸で、足摺(あしずり)宇和海国立公園に属し、かつてはイワシの宝庫であったが、現在は真珠母貝とハマチ養殖などが行われている。中心の岩松は近世以来の在町で、かつては河港としても栄えた。山間の御内(みうち)や槇川は林業、シイタケ栽培が中心で、かつては養蚕も盛んであった。高知県宿毛(すくも)地方との交流が深い。

[横山昭市]

『『津島町誌』(1975・津島町)』『『津島町誌 改訂版』(2005・津島町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つしま【津島】
[1] 愛知県西部の地名。濃尾平野の木曾川左岸にある。江戸時代、津島神社の門前町、海上七里の渡しを避ける東海道五十三次の陸路「佐屋路」の宿駅として発達。明治末期以後は江戸時代からの織布工業に加えて、毛織物工業が中心。また、特産品に雪駄がある。昭和二二年(一九四七)市制。
[2]
※俳諧・滑稽雑談(1713)六月「第一に御葦流の神事は、毎歳今日行はる、葦数千を束て、鎮疫の神事の具とす、件の葦を河海に投ず、其流れ寄所、必疫癘ありと云。〈略〉是を津島の御葦流と云也」
② 津島祭で吹く笛。また、その曲。津島笛。
※虎明本狂言・吹取(室町末‐近世初)「舞、つしま、ゆりなど所望する」
③ 歌舞伎の下座音楽の一つ。津島祭の囃子を模したにぎやかな鳴物。太鼓、大太鼓、能管による。
※歌舞伎・猿若万代厦(1786)三立「つしまになり、花道より二条蔵人の子息愛護若〈略〉出て来る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation