@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

津田恭介【つだきょうすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

津田恭介
つだきょうすけ
[生]1907.2.10. 台湾
[没]1999.6.17. 東京
薬学者。 1929年東京大学医学部薬学科卒業。同学部助教授 (同大学伝染病研究所併任) を経て 1951年九州大学教授。スイス国立工科大学に留学後,1955年東京大学応用微生物研究所教授,1965年同研究所長,1967年からは共立薬科大学学長。フグ毒の単離と構造決定,マメ科アルカロイド有機化学的研究を通じて,有機天然物化学の発展に寄与した。中央薬事審議会議長,日本薬学会会頭を歴任。 1982年文化勲章受章

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

津田恭介 つだ-きょうすけ
1907-1999 昭和-平成時代の薬学者,有機化学者。
明治40年2月10日台湾生まれ。九大教授をへて,昭和30年東大教授となり,40年同大応用微生物研究所長。42年共立薬大学長。39年フグ毒テトロドトキシンの構造決定に成功。41年学士院賞,57年文化勲章。平成11年6月17日死去。92歳。東京帝大卒。共著に「医薬品合成化学」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つだきょうすけ【津田恭介】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

津田恭介
つだきょうすけ
(1907―1999)

薬学者。埼玉県出身。東京大学卒業。東大助教授・同伝染病研究所併任を経て、1951年(昭和26)九州大学教授に就任し、薬学科を創設。1954年チューリヒ工科大学ルジーチカ教授の下に留学。1955年東大応用微生物研究所教授・薬学部教授併任となる。1957年日本薬学会賞受賞。1965年、独創的な分離精製法と研究方法とによる「フグ毒の単離と化学構造決定」により朝日文化賞を受賞。1966年「苦(くしん)塩基を中心とする荳科(とうか)アルカロイドの化学的研究」により日本学士院賞を受賞した。日本学術会議会員、東京大学応用微生物研究所長、中央薬事審議会会長、日本薬学会会頭、共立薬科大学長(のちに慶応義塾大学と合併)などを歴任。日本学士院会員、文化功労者、1982年文化勲章受章。東京大学名誉教授。著書に『有機微量分析法』(1965)などがある。

[根本曽代子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田恭介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

津田恭介の関連情報

関連キーワード

誘導尋問公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕反対尋問

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation