@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

洪範【こうはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

洪範
こうはん
Hong-fan
書経』の一編。大法則の武王革命に成功したとき, (う) が整理した上啓示を,殷の箕子 (きし) が武王に授けたとされる。実際は戦国時代の作。五行思想をもとに,政治道徳九疇 (九大法則) を示している。漢代には,この思想をかえって災異説に結びつけるものが多かった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐はん【洪範/×鴻範】
手本となるような大法。模範。
(洪範)「書経」の周書の編名。天下を治める大法を伝説上の夏の禹(う)王の名に託して述べたもの。戦国時代に儒教立場からまとめられた政治哲学の書と考えられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうはん【洪範 Hóng fàn】
中国,《書経》の一編。洪は大,範は規範の意。天下を治める大法を述べた書。その大法は五行,五事,八政,五紀,皇極,三徳,稽疑,庶徴,五福・六極で,洪範九疇と称される。伝承によれば,殷の箕子(きし)が作って周の武王に授けたというが,戦国時代の人の仮託であろう。漢代には《易》と《春秋》とともに天人相関説の根拠づけに用いられ,宋代には哲学の体系化に寄与した。【日原 利国

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうはん【洪範】
書経 周書
天下を治める大法。
「書経周書」の編名。伝説では、禹が尭舜以来の思想を整理・集成したもので、殷いんの箕子きしを経て周の武王に伝えられたという。天の常道と治世の要道を九つの範疇はんちゆうによって示す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

洪範
こうはん
儒家の経典である五経の一つである『書経』(尚書(しょうしょ)ともいう)のなかの一篇(ぺん)。儒家の世界観に基づく政治哲学の書で、「鴻範(こうはん)」とも書く。洪は大、範は法という意味で、伝説では、夏(か)国の禹(う)が洛水(らくすい)から出てきた神亀(じんき)にあった図によって、九類の政治の大法としたという。洪範九疇(きゅうちゅう)といわれるのがそれで、五行(ごぎょう)、五事、八政、五紀、皇極(こうぎょく)、三徳、稽疑(けいぎ)、庶徴(しょちょう)、五福六極の九つからなっている。すべて政治の要道を項目をたてて説いたものである。なかにおいて五行は、水、火、木、金、土に順序してその特質を述べている。中国思想のものの考え方の根幹となる五行思想はここに始まるとして、洪範の源流を春秋時代、あるいはそれ以前に置く説もあるが、一般的には戦国時代の鄒衍(すうえん)の五行説に影響を受けた思想家が、武王と箕子(きし)に仮託してつくったものとされている。『漢書(かんじょ)』の「五行志」は、この洪範の五行説によって災異説をまとめている。洪範をいつごろのものとみるかによって、『書経』の成立問題は大きく左右される。[安居香山]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洪範」の用語解説はコトバンクが提供しています。

洪範の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation