@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

活歴物【かつれきもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

活歴物
かつれきもの
活歴とは活 (い) きた歴史ので,明治初頭から明治 20年代にかけて,9世市川団十郎によって上演された史実尊重の時代狂言をいう。俳優を文明開化教導職に任じるという政府の方針や演劇改良運動の波に乗って,それまで史実的に荒唐無稽であった歌舞伎時代物を改革しようと,団十郎河竹黙阿弥福地桜痴の新作,改作を得て,せりふ,衣装,小道具,装置にいたるまで,考証第一に,写実的な新演出を試みたもの。一般の評判は悪く,団十郎も晩年には活歴を捨てたが,その演出,演技はのちの史劇振興に道を開くなど後世に与えた影響は大きい。『地震加藤』『伊勢三郎』『春日局』『大森彦七』そのほかの作品がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かつれきもの【活歴物】
歌舞伎狂言の一系統。明治10年代以降9世市川団十郎を中心に行われた歌舞伎の革新運動のなかで,旧来の荒唐無稽な時代物でなく,史実によって脚色し時代考証による扮装・演出に重きをおいた時代物の作品群をいう。団十郎のこの運動には1872年(明治5)に新劇場を新富町に建設して旧制度の打破を試みた興行師の12世守田勘弥,作者界の第一人者河竹黙阿弥らが協力した。〈活歴〉の語は,78年10月黙阿弥作の《二張弓千種重藤》が上演された際,〈時代物は活きたる歴史〉でなくてはならぬと依田学海らが述べたのに対し,《かなよみ新聞》で仮名垣魯文が〈活歴史〉と評したのにはじまるという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かつれきもの【活歴物】
歌舞伎狂言のうち、活歴の演出様式によって書かれた時代狂言の総称。活歴劇。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつれき‐もの クヮツレキ‥【活歴物】
〘名〙 歌舞伎狂言のうち、明治期に初演された史実に忠実な脚本の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

活歴物
かつれきもの
明治時代以後の歌舞伎の分類上の一形式
史実を重んじ,時代考証のもとに,写実的に演出するところに特色がある。河竹黙阿弥が新作し,9代目市川団十郎らによって上演された。仮名垣魯文 (かながきろぶん) が「活きた歴史」と評したところから,この名がつけられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かつれき‐もの〔クワツレキ‐〕【活歴物】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活歴物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

活歴物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation