@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

活歴【カツレキ】

デジタル大辞泉

かつ‐れき〔クワツ‐〕【活歴】
歌舞伎で、在来時代物の荒唐無稽(こうとうむけい)を排し、史実を重んじて歴史上の風俗を再現しようとする演出様式。明治初期から中期にかけて、9世市川団十郎らが主唱した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かつれき【活歴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かつれき【活歴】
歌舞伎狂言の演出様式の一。従来の史劇の荒唐無稽を排し、史実を重視しようという明治の演劇改良運動のなかで、九世市川団十郎が提唱し、河竹黙阿弥・福地桜痴らが協力して実現。劇的な面白みが薄く、仮名垣魯文が「活歴史」と酷評したことから呼ばれるようになったという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

活歴
かつれき
歌舞伎(かぶき)劇の一様式。明治時代9世市川団十郎が始めた史実第一主義の時代物、およびその演出法をいう。団十郎は、江戸時代の時代狂言が歴史を題材としながら脚本や演出に時代錯誤の点が多いのに不満を抱き、明治政府になって史劇脚色への干渉がなくなり、むしろ史実尊重に傾いたのを機会に、革新運動を進めた。具体化の最初は1869年(明治2)の河竹黙阿弥(もくあみ)作『桃山譚(ももやまものがたり)』(地震加藤)で、この試みは高尚趣味の新しい観客および興行師12世守田勘弥(かんや)らの支持を受け、学者たちも同調して脚本や風俗の考証を分担、黙阿弥作の『真田幸村(さなだゆきむら)』『酒井の太鼓』『児島高徳(こじまたかのり)』『仲光(なかみつ)』『高時』などの作でこれを推進し、演劇改良運動の一環になった。89年の歌舞伎座開場以後は福地桜痴(おうち)と協力、その作『出世景清』『春日局(かすがのつぼね)』などを上演、また在来の時代物にも扮装(ふんそう)や演技に活歴的なくふうを試みている。「活歴」の語は、『二張弓千種重藤(にちょうのゆみちぐさのしげとう)』(1878)上演のとき、仮名垣魯文(かながきろぶん)が「芝居ではなくて活(い)きた歴史」と冷笑的によんだのが普及したもの。その語のとおり、史実に即しすぎ演劇的には無味乾燥だったため、一般観客には歓迎されず、したがって団十郎も晩年はその上演を控えている。しかし、これが歌舞伎に一種の自然主義を注入、近代的な史劇発生の基礎になった点で、その意義は少なくない。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつ‐れき クヮツ‥【活歴】
〘名〙 明治初期から中期にかけての演劇で、在来の時代物の荒唐無稽を排し、史実を重んじて歴史上の風俗をそのままに現わそうとした演出様式のもの。依田学海、九代目市川団十郎らが主張し、河竹黙阿彌、福地桜痴らの協力によって実現された。仮名垣魯文が嘲笑的に用いた「活歴史」という言葉による。代表作に「伊勢三郎」「春日局」など。
※劇場改良法(1886)〈中村善平編〉演劇改良会の創立をきいて卑見を述ぶ「活歴(クヮツレキ)々々といふ事が流行(はやっ)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活歴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

活歴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation