@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

活火山【かっかざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

活火山
かっかざん
active volcano
活動的で,現在噴火しているか,近い将来噴火する可能性もある火山。活火山の定義は科学的には明確でないが,日本では防災対策上監視を必要とする火山という意味で,気象庁が活動的な火山として定常的火山観測を行なっている火山に対して使われることが多い。従来は歴史上噴火記録があるか,現在も活発な噴気が続いているような火山を活火山と呼んでいたが,1991年に火山噴火予知連絡会が再検討を行ない,過去およそ 2000年以内に噴火した火山という基準を設定した。しかし,2000年以上活動していない火山が噴火活動を再開した例があることと,国際的には過去 1万年に噴火が認められた火山を活火山と定義していることから,2003年,火山噴火予知連絡会はこの定義に従うよう基準を再設定した。2014年現在,日本国内では 110の火山が活火山として認定されている。(→常時観測火山

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

活火山
活動的で近い将来噴火を起こす可能性のある火山。日本では、おおむね過去1万年以内に噴火した記録があるか、現在活発な噴気活動のある火山という基準で、2003年に全部で108の活火山が認定された。また、活動度を示す2つの尺度が見積もられた。(1)過去1万年間の噴火の頻度、規模、爆発性などを定量化した1万年活動度指数、(2)過去100年間の観測データに基づく100年活動度指数。ただし、海底火山北方領土の火山は、データ不足のため評価の対象外。2つの活動度指数を用いて、活火山は3段階に分類された。Aランク(最も活動度が高い)は有珠山浅間山三宅島桜島など13火山、Bランク(活動度は中程度)の火山は富士山霧島山など36火山、Cランク(活動度は最も低い)の火山は赤城山など36火山。現在は活動的でないが将来噴火しそうな火山を休火山、今後噴火しそうにない火山を死火山と呼ぶが、その判定は難しく、火山の分類に適用されることは少ない。
(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

かっ‐かざん〔クワツクワザン〕【活火山】
《「かつかざん」とも》おおむね過去1万年以内に噴火した火山、および現在活発な噴気活動のある火山。全国に111ある(平成29年7月現在)。→休火山死火山常時観測火山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

活火山
現在噴火または噴気活動を続けている火山.以前は明治時代以後活動をしていない火山のうち歴史時代に噴火記録のある火山を休火山,噴火記録のない火山を死火山とよんだが,この名称は便宜的で区別が困難であり,現在は歴史的に噴火記録のある火山はすべて活火山としている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かっかざん【活火山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

活火山
かつかざん
active volcano

活動的で今後も噴火のおそれがある火山のこと。活火山のほかに休火山、死火山ということばもかつては使われたが、休火山と活火山の分類があいまいであることや、死火山と思われていた雌阿寒岳(めあかんだけ)、御嶽山(おんたけさん)などが噴火した例もあり、いまはこれらのことばは使われなくなってきた。

 数万年以上もある火山の寿命からみれば、人間の歴史は一瞬にすぎないため、有史時代に噴火の記録がないからといって、将来も噴火をおこさないという保障はない。世界的にも活火山の定義は明確なものはないが、最近1万年間に噴火したことのある火山の数は1500を超えると考えられている。日本では火山噴火予知連絡会(1974年設置)が1975年(昭和50)以来、活火山の定義を取り決めており、当時は「噴火の記録のある火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山とし、77火山の資料をまとめた(『日本活火山要覧』)。1991年(平成3)には定義を「過去およそ2000年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」に変更し83火山を選定した(1996年に3山追加、86火山となる)。しかし、その後、世界的な動向ともあわせ、かつ、火山学的見地から過去1万年間の噴火履歴で判断するのが適当であるとし、2003年(平成15)「概(おおむ)ね過去1万年以内に噴火した火山、及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山の定義とし、108火山を選定した。さらに、2011年には新たに2火山を追加、2017年には1火山を追加し、111活火山となった。選定された火山は火山学的に評価された火山活動度に基づき、A~Cの3ランクに分類されている。海底火山等、データが不足しているものは活火山と選定しているが、分類はされていない。おもな活火山は以下のとおりである。

(1)ランクA 有珠山(うすざん)(北海道)、浅間山(あさまやま)(群馬・長野)、阿蘇山(あそさん)(熊本)、桜島(鹿児島)など。

(2)ランクB 羅臼岳(らうすだけ)(北海道)、岩木山(青森)、岩手山(岩手)、蔵王山(ざおうさん)(宮城・山形)、吾妻山(あづまやま)(山形・福島)、草津白根山(群馬)、箱根山(神奈川)、富士山(山梨・静岡)、九重山(大分)、霧島山(宮崎・鹿児島)など。

(3)ランクC 大雪山(たいせつざん)(北海道)、八甲田山(青森)、燧ヶ岳(ひうちがだけ)(福島)、赤城山(群馬)、乗鞍岳(長野・岐阜)、由布岳(大分)、開聞岳(鹿児島)など。

 活火山の恵みは大きいが、害も侮りがたい。気象庁は、「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として火山噴火予知連絡会によって選定された50火山(2017年時点)について、大学等の研究機関や自治体・防災機関等の協力を得ながら、地震計、GNSS(衛星測位システム)観測装置、傾斜計、空振計、監視カメラ等により、活動状況を24時間体制で常時観測・監視している。

[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かっ‐かざん クヮックヮザン【活火山】
〘名〙 (「かつかざん」とも) 現在、噴気・噴火などの火山活動をしているか、過去およそ一万年以内に噴火したことのある火山。十勝岳、有珠山、浅間山、阿蘇山、三原山、桜島など。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「西南端に活火山(海抜凡二千七百五十尺)あり、白煙常に蒸騰す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活火山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

活火山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation