@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

活躍【カツヤク】

デジタル大辞泉

かつ‐やく〔クワツ‐〕【活躍】
[名](スル)
めざましく活動すること。「社会の第一線で活躍する」
勢いよく躍りはねること。
「無用の長物を利用して一大―を試みた所が」〈漱石吾輩は猫である

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かつやく【活躍】
スル
大いに活動すること。 打撃陣の大-で試合に勝利する 政界で-する
勢いよくはねまわること。 苦しがつて羽根を振つて一大-を試みる/吾輩は猫である 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつ‐やく クヮツ‥【活躍】
〘名〙
① 勢いよくおどること。活発にはねまわること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「苦しがって羽根を振(ふる)って一大活躍を試みる事がある」
② 大いに手腕をふるうこと。大いに活動すること。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一三「其慓悍が今蒙古と新しい関係が付いた為、頗る活躍してゐる」
③ 生き生きと活動すること。躍動。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉四「これまで私の述べ来った諸種の事情を背景として読む時は、多少当時の光景を活躍せしむるに足るのみならず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活躍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

活躍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation