@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

派生語【はせいご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

派生語
はせいご
derivative
自立語に音も意味もよく似た語基に (派生) 接辞が接合してできている単語。「オ-すし」「ぼく-タチ」「見-サセ-る」,quick-lyなどがその例。派生は語形替変に比べて,各単語ごとの特性が強く,不規則な点が多いこと,品詞を変えることがある (quickと quick-ly) ことが目立つ。また日本語では一般に活用接辞 (る) のほうが派生接辞 (-サセ-) の外側につき,かつ「見る」とその派生語「見サセる」は同じ活用をする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はせい‐ご【派生語】
本来独立した一つの単語であったものに、接辞などが付いたり語形が変化したりして、別の一語となったもの。接頭語が付いた「お宮」「ご親切」「真っ暗」、接尾語が付いた「ぼくたち」「みなさん」「寒がる」などの類。
[補説]「おび(帯)」「すもう」「遠く」などのように、用言の連用形から名詞に転成したり、「つゆ」などのように名詞から副詞に転成したりする場合も派生語に含めることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はせいご【派生語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はせいご【派生語】
単語のうち、ある単語に接辞などが付いたりしてできた語。「子供っぽい」は「子供」からの派生語であり、「子供っぽさ」は「子供っぽい」からの派生語である。「御親切」「ぶっ飛ばす」「春めく」の類。 → 複合語単純語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

派生語
はせいご
接辞を添加することによって形成された語。既存の語を二つ(以上)結合することによってつくられる複合語とともに、合成語の下位区分をなす。派生語と複合語は、本来共通の性格をもっているので、厳密には区別できない場合がある。たとえば、「母屋(おもや)」「一軒屋」の「屋」、助数詞として用いられたときの「箱」「本」「皿」などについては、既存の語と認めるべきか、接辞と認めるべきか、意見の分かれるところである。接辞が添加される要素(語基)には2種類あり、(1)それ自体が独立して用いられるもの(非生産的、子供たち)、(2)それ自体が独立して用いられることのないもの(おとうさん、八百屋)がある。英語にも同様の区別があり、(1)enlarge, active、(2)conceive, deceiveのような例がある。(1)を二次派生語、(2)を一次派生語とよび、狭義の派生語は(1)のみをさす。語基と派生語との間の品詞の変化については、「接尾語」の項を参照されたい。[杉浦茂夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はせい‐ご【派生語】
〘名〙 ある語形をとして、語形に変化が加わったり、接辞が付いたりすることによって、別の一語となったもの。「見る」からの「見える・めす・みそなわす」、「とる」からの「とらえる・とらわれる」、「姫」からの「姫御前・お姫さま」など。また、品詞が転成する場合もこれに含めることがある。「決する」からの「決して」、名詞「二度(ふたたび)」からの副詞「再び」など。分出語、由生語ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

派生語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

派生語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation