@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流し網【ながしあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

流し網
ながしあみ
drift net; gill net
潮流に漂流させて目に魚を刺させたり,からませて漁獲するのに使用する刺網。錨で固定しないので,水深に対する制限がなく,また流水抵抗も少いので,必要に応じて網幅を広くすることができる。漁具の操作の関係上,船は 50t以下の舷の低いものが用いられ,投げ網は航走しながら船尾で行う。投げ網後は網回りをして網の形状を修正してから網端の引網を取って網とともに流す。揚げ網は船首風上舷で行う。一般には表層性の魚類を対象とするが,マダイ,クルマエビ,キスなどを対象とする底流し網もある。漁獲される魚種にはサケ,マス,ニシン,サンマイワシ,トビウオ,サワラ,イナダ,サバなどがある。刺網中で最も遠洋性に富み,大規模に使用されていたが,近年,公海上の流し網漁が海生哺乳動物や海鳥の混獲など生態系に悪影響を及ぼすことが問題となり,国連や国際漁業協議の場で規制の決議がなされ,政策的・自主的に使用を抑える措置が多くの漁場でみられる。 (公海流し網規制 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ながし‐あみ【流し網】
位置を固定せずに網を魚群の通路を遮って張り、魚を網に絡ませて捕る漁法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながしあみ【流し網】
帯状形漁網直線またはかぎ形あるいは波状に張り下し,海流風波のままに自由に流す刺網をいう。漁網は,浮子(あば)はあるが沈子(いわ)を欠くものが多く,沈子を有するものもその沈降力ははなはだ少ないのが普通であった。網を流し,それにともなって船を移動するので,内海沿岸よりは沖合で使用するに適している。この種の漁業は刺網漁業中最も進歩したもので,河川で行われたサケ・マス流し網を除くと,イワシ,マグロ,サワラ,トビウオ,サバ,サンマ,カツオなどの各流し網漁業はその代表的なものとして,いずれも江戸中期から明治期にかけて開始されたものが多いが,盛んになったのは明治後期以降のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながしあみ【流し網】
水流・潮流のある所に網を張り、流れや風波で網を流しながら上層・中層を遊泳する魚をとる刺し網。サケ・マス漁などに用いられる。公海大型流し網は乱獲と混獲により世界的に規制の方向にある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

流し網
ながしあみ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流し網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流し網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation