@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流し雛【ナガシビナ】

デジタル大辞泉

ながし‐びな【流し×雛】
3月3日の節句の夕方、川や海に流し去る雛人形。また、その行事・風習。罪やけがれを移して形代(かたしろ)を流したことに由来する。雛送り雛流し 春》「―冠をぬいで舟にます/誓子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ながしびな【流し雛】
三月三日の雛祭りの夕方、川や海に流す雛人形。また、その行事。雛送り。 [季] 春。 -堰落つるとき立ちにけり /鈴木花蓑 雛流し

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

流し雛
ながしびな
三月節供に川や海へ流し送る雛人形。鳥取市周辺では竹骨に貼(は)った小型の一対の紙人形を、三月節供(雛祭)に飾り祭ったうえ、3日の夕方供物の苞(つと)ともども、桟俵にのせて川へ流す。現在は郷土玩具(がんぐ)として流布もするが、なお、罪穢(つみけがれ)を移して流す「祓(はらえ)」の形代(かたしろ)の古意をとどめるもので、岐阜県などにも粗製の土人形を流し送る風習が残っている。また関東・中部の各地には、三月節供に子供たちが野外に雛人形を据えて祭り、名残(なごり)を惜しみつつ「雛送り」をする風習がかなりみられた。さらには古びた雛人形を神社や辻(つじ)に送り納める習俗も広くみられ、流し雛と一脈のつながりを示している。
 江戸時代以来、雛人形が美術工芸品と化して保存愛玩されるようになると、「祓の人形(ひとがた)」としての古意は失われるが、なお一部には古い「流し雛」の風習が残存した。「上巳(じょうし)の祓」と習合した三月節供の原義は、むしろこうした「流し雛」の遺風によくその跡をとどめているといえる。[竹内利美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流し雛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流し雛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation