@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流し【ながし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

流し
ながし
日本音楽の用語。種目によって意味が異なる。 (1) 仏教声楽の声明の唱法旋律の終りを強く唱える。 (2) 三味線の奏法類型。旋律の最後の同一音を次第に早めて連続的に弾く奏法の一つで,最後に少し遅くすることもあり,強さは次第に弱まる。なお,単に次第に早めて弾くことは「キザム」といい,特に段落の終りでその前の旋律と区切って開放弦で行う類型は「オトシ」ともいう。おもに長唄や豊後系浄瑠璃の三味線でいい,義太夫三味線では「ユリナガシ」などのさらに限定された奏法名称がある。 (3) 箏の奏法。 (a) (2) と同様な奏法類型をいうが,山田流箏曲ではすべて「オトシ」または「キザム」という。 (b) 「流し爪」の略称。右手の親指にはめた義爪で,巾,為弦をほぼ同時に弾き,そのまま途中の弦を急速に経過 (省略することが多い) して指定の弦にいたる。いわゆる「カーラリン」。 (4) 能,歌舞伎などの囃子の打楽器の奏法。同種の打音を連続して打つ。打つに従って次第に強く早くなる。 (5) 歌舞伎囃子の曲名。時代物,荒事の人物の出入りに用いられる。 (6) 筑前琵琶の旋律。最も優美な情緒的な旋律の総称。さらに細分された名称がある。 (7) 普化尺八で托鉢のとき,歩きながら吹奏すること。 (8) 芸人街頭を演奏しながら歩くこと。特に新内節の演奏家が修業の一つとして,本来の新内曲から編曲した「ナガシ」と称する三味線だけの旋律を,特に2丁の三味線で演奏しながら歩き,座敷に招かれてから浄瑠璃を語ったことをいう。転じて,街頭を演奏しながら歩く門付人全般をいい,アコーディオン,ギターなどを持って,酒場などで流行歌などを歌って祝儀をもらって歩く演歌師などをいうようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ながし【流し】
流すこと。流されること。「島流し」「灯籠(とうろう)流し
台所・洗濯場などの、物を洗ったり水を流したりする所。「汚れた食器を―に置く」
浴場の体を洗う所。流し場。
銭湯で入浴客の背中などを洗うこと。また、それを職業とする人。「―をとる」
客を求めて移り動くこと。また、その人。「―のタクシー」「新内―」
能楽および長唄囃子(はやし)で、大鼓・小鼓・太鼓を演奏するとき、同種の打音を数多く連続して打つこと。
流し枝」の略。
[アクセント]5ガシ、その他はナガシ
[下接語]筏(いかだ)流し色流し扇流し辛皮(からかわ)流し着流し経木(きょうぎ)流し銀流し管流しころ流し島流し精霊(しょうりょう)流し新内流し州(す)流し墨流し外流し垂れ流し血流し灯籠(とうろう)流し眠り流し吹き流し闇(やみ)流し横流し

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ながし【流し】
街頭や酒場などを流して歩く芸およびその芸人。古くは新内節の〈新内流し〉が有名で,19世紀初めころ(文化年間)から始まった。2人一組の二挺三味線で,太夫が本手を弾き,上調子(高音(たかね))がこれに派手な手をあしらう。街頭を流し,一節路上で語る〈(のき)づけ〉と,呼ばれて座敷へ上がり一段を語るものとがあった。流しの芸には,ほかに浪花節民謡などもあり,明治維新後の演歌師などもそれに準ずる。第2次大戦後はギターの流しも流行したが,カラオケが流行するようになって下火となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ながし【流し】
現在は食器や実験器具などを洗うためのステンレスや陶器などで作った箱型の設備をおもに指すが,古くは物を洗う設備や場所を広く指した。風呂場の洗い場も流しと呼ばれ,台所を〈お流し〉と呼ぶ地域もあった。民家で使われた素朴な形式の流しは,土間一隅に,木をくりぬいた水槽を埋めたり,石で囲んだ水を設け,水路や(かけい)で流水を引きこむもので,山村に多く見られた。流水を引きこむことのできない場合は,水を井戸などから運びこんで水甕(みずがめ)や(おけ)にたくわえ,別に物洗いの設備を設けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ながし【流し】
[3] 流すこと。 灯籠とうろう
[3] 台所や井戸端などに設けた、物を洗ったり、洗い水を流したりする設備。
[3] 浴場でからだを洗う場所。洗い場。
[1] 浴場で客の背中を洗うこと。また、その人。 -をとる
[1] 芸人・按摩あんまなどが客の呼び入れを求めて歩くこと。また、その人。 -のギター弾き 新内しんない
[1] タクシーが客を求めてあちこち走ること。 -のタクシー
[3][1] 行きずり。通りがかり。 -の犯罪
梅雨の前後に吹く湿った南風のこと。木の芽どきに吹くものを「木の芽流し」、茅ちがやの花の咲く頃に吹くものを「茅花つばな流し」などという。
物事にかまわず、ほうっておくこと。 こんなことはぐつと-にして/洒落本・卯地臭意

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ながし【流し】
水を流してものを洗うところ。蛇口排水口の付いた槽を備えたものが一般的で、特に台所に設けたものをいうことが多い。かつてはほうろう引きやタイル貼りのものも見られたが、近年は厨房用にはステンレス製、洗面所や掃除用には陶器製のものが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

ながし【流し】
水を流してものを洗うところ。蛇口と排水口の付いた槽を備えたものが一般的で、特に台所に設けたものをいうことが多い。かつてはほうろう引きやタイル貼りのものも見られたが、近年は厨房用にはステンレス製、洗面所や掃除用には陶器製のものが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

流し
ながし
水を流して物を洗う所。用途別に分けると、厨房(ちゅうぼう)用、洗面用、洗濯用、掃除用、実験用の流しなどになる。また、材質別には、ステンレス鋼板、鉛板、銅板、亜鉛めっき鋼板、陶器、タイル、人造石、プラスチックなどの種類がある。使い方から分けると、立って使うものと、しゃがんで使うものとになる。
 これらのうちもっとも広く普及しているのは、厨房用のステンレス鋼板製のものである。金属製の特殊なものとしては、実験用に使われる鉛板の流しがあり、また茶室の水屋などには銅板が使われている。陶器製の流しは耐久性があり、衛生的でかつ美しいが、ガラス器などを落とすと割れるおそれがあるので、厨房用としては使われない。しかし洗面用や洗濯用としては広く使われている。
 タイル張りの流しはコンクリート枠の上にタイルを張ったものであるから、表面は耐久性があるが、流し全体としての寿命はそれほど長くない。人造石の流しはセメントと大理石の砕石を使っているため、酸に侵され、表面が荒れてくるので不潔になりやすい。プラスチック製のものは、陶器製品の代用として、また特殊な外観をもつので、その特徴を生かして洗面台などに使われている。化学的な安定性はあるが、高熱に対して弱いので、タバコの焦げ跡などがつくおそれがある。
 関西では流しを「走り」とよぶことが多い。流しはもともと水を流すところを意味していたので、台所の全体をさすこともある(福岡県、新潟県、富山県、愛媛県、鹿児島県などの一部の地方および隠岐(おき))。福島県会津地方では、井戸と流し台の間にある板の間を流しという。一方、銭湯の洗い場も流しとよばれることがある。[小原二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation