@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流動組織【りゅうどうそしき】

岩石学辞典

流動組織
氷礫土(till)中のさらに細粒物質による粗い裂け目または葉状構造[Miller : 1885, Charlesworth : 1957].火成岩の場合には流理構造あるいは流状構造をいう[Hatch : 1888].条痕(streak)と同義.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流動組織
火成岩の構造で,マグマの貫入あるいは対流によって隣り合った斑晶平行か准平行に配列するか,または鉱物学的に異なった層に変化した構造である[Grout : 1918].異なった層の集まりになる場合は一般に縞状(banded)として区別される.火成岩における流状構造(flow structure)と同じである[Hatch : 1888].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流動組織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流動組織の関連情報

関連キーワード

ハルストレムアブレーション氷礫土ベルク氷礫土ベルイマン(Ingmar Bergman)ヴィルマンクラスター分析フルートガンボティル偽巨礫グレイシオナタント氷礫粘土

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation