@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流動資産【りゅうどうしさん】

知恵蔵

流動資産
企業が保有する資産のうち、決算日の翌日から1年以内に現金化あるいは費用化する資産。固定資産に対峙する概念で、この1年という基準はワン・イヤールール(1年基準)と呼ばれる。ただし、原材料の取得、製造、販売、現金回収までの平均的期間(正常営業循環基準)を適用する場合もある。流動資産は現金・預金、売掛金受取手形、有価証券などの当座資産(quick assets)と、製品、原材料、仕掛品などの棚卸資産(inventories)、そして、前渡金、前払金、短期貸付金などの、その他流動資産に分けられる。また、回収不能な売掛金・受取手形に対する引当金も重要な概念である。
(小山明宏 学習院大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

りゅうどう‐しさん〔リウドウ‐〕【流動資産】
企業の所有する資産のうち、現金・預金のほかに、貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に現金化または費用化するか、あるいは正常な営業循環過程にある資産。受取手形売掛金有価証券棚卸資産・前払費用など。→固定資産流動負債

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

流動資産
貸借対照表の借方の資産の部のひとつ。短期間のうちに回収される資産のことをいう。企業の主目的である営業取引から発生した資産や1年以内に回収される企業の主目的ではない資産も流動資産とされる。 流動資産は、当座資産や棚卸資産などで構成されている。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

ナビゲート ビジネス基本用語集

流動資産
貸借対照表上の資産項目の1つ。1年以内に現金化できる(はず)の資産をいい、以下の3種類がある。 ・当座資産:営業活動をしなくても、すぐに現金化できる手持ち資金。(現金預金、受取手形、売掛金など) ・棚卸資産:営業活動をしないと、現金化できない資金。(商品、製品、仕掛品、原材料など) ・その他の流動資産:前払費用、未収収益など。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうどうしさん【流動資産 current asset】
資産の分類上,固定資産に対する概念であって,現金および通常の営業活動の結果,比較的短期間内に現金に転換されるものと認められる資産をいう。流動資産と固定資産とを区分する基準として,一般に(1)正常営業循環基準normal operating cycle ruleと,(2)1年基準one year rule(ワン・イヤー・ルール)とがあり,一般に認められた企業会計の慣行にしたがえば,両者を併用して判定する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうどうしさん【流動資産】
現金および営業活動により短期間(通常、一年以内)に現金化できる預金・売掛金・有価証券・棚卸資産などの財産。 ⇔ 固定資産

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

流動資産
りゅうどうしさん
current asset
企業の資産のうち比較的に短期間に現金化すると考えられる項目をいい,貸借対照表では固定資産に対立するものとして区分される。その区分に際してはまず,仕入れ,生産,販売,代金決済という企業の正常な営業循環のプロセス内の項目がすべて流動資産として取り上げられ,営業循環に含まれない残りの項目については,決算日から1年以内に現金化されるものが流動資産とされる。代表的な項目は,現金,預金,受取手形,売掛金,有価証券などの当座資産と,商品,製品,仕掛品,原材料などの棚卸資産である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

流動資産
りゅうどうしさん
current assets
現金および比較的短期間のうちに回収または販売などによって現金となる資産、もしくは比較的短期間のうちに費用化する資産。固定資産に対する概念である。流動資産には、(1)現金、預金、受取手形、売掛金、短期的な資金運用のために保有している一時的所有の取引所の相場のある有価証券などの「当座資産」、(2)商品や製品などのように棚卸によって実際有高を定め、かつ、その大部分が販売目的のものである「棚卸資産」、(3)1年以内に費用となる前払費用、1年以内に回収される未集金や立替金、前払金、未収収益などの「その他の流動資産」がある。
 資産を流動資産と固定資産に分類する考え方は、企業が主として銀行から資金を調達していた時代に、銀行が貸借対照表により企業の支払能力を判断したことの名残(なごり)である。しかし、今日においても実務上は流動・固定による分類が行われている。なお分類基準には、主たる基準として営業循環過程基準と、それを補足する1年基準がある。[万代勝信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうどう‐しさん リウドウ‥【流動資産】
〘名〙 短期間(普通一か年以内)に貨幣で回収され得る資産。現金・預金・売掛金・受取手形などの当座資産および、商品・原材料などの棚卸(たなおろ)し資産からなる。⇔固定資産。〔新しき用語の(1921)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流動資産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流動資産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation