@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流渡【ながれわたり】

精選版 日本国語大辞典

ながれ‐わたり【流渡】
〘名〙
① 川などを水の流れにさからわずに渡ること。
※源平盛衰記(14C前)一五「金に渡して過ちすな、水に従ひて流れ渡りに渡すべし」
② 世の中のなりゆきにまかせて生活すること。
※俳諧・小町踊(1665)冬「年なみになかれわたりの世間かな〈貞因〉」
③ 浮いた商売。遊女の稼業。
※歌謡・伊勢音頭二見真砂(歌謡集成本)(19C前)花舞台「今日の上にも飛鳥川、流れ渡りに足駄して」
④ あれこれ、世渡りをして行くこと。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「世の中を憂しとも今は岩清水ながれ渡りを神のまにまに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ながれ‐わた・る【流渡】
〘自ラ四〙
① 川などを水の流れにまかせて渡る。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)九「沈まじな淵瀬はやくとへうたんの身はうきにうきなかれわたらん」
② あたり一面に流れる。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一四「水は勢ひ盛んになりおびただしく流れわたるゆゑ」
③ 絶えることなく流れ続ける。
※敦忠集(10C後)「したにのみながれわたるは冬かはのこほれるみづとわれとなりけり」
④ 土地から土地を渡り歩く。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「宿無小僧となり、彼処の親戚此処の知己(しるべ)と流れ渡ってゐる内」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流渡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流渡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation