@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

流線図【りゅうせんず】

日本大百科全書(ニッポニカ)

流線図
りゅうせんず

統計数値を地図に表現する方法のうち、物資や人員の輸送、自動車交通などの経路、方向、量などを、帯状の線を用いて示すもの。普通は流動のルートを流動量に対応した太さの線で表すが、単位量を示す細い線を並べることもある。流動量に極端な地域差があるときは、流動量を色で区分するとか、断面が方形か円形のパイプで示す方法もある。また、人口の転出入、通勤通学人口、物資の輸移出入などの場合は、細かい経路は問題とせず、起終点を結ぶ単純な矢印の線とその太さで表される。

[五條英司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流線図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

流線図の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation