@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浄光明寺【ジョウコウミョウジ】

デジタル大辞泉

じょうこうみょう‐じ〔ジヤウクワウミヤウ‐〕【浄光明寺】
神奈川県鎌倉市にある真言宗泉涌寺(せんにゅうじ)派の寺。山号は泉谷山開創は建長3年(1251)、開基北条長時開山真阿。当初は真言天台華厳の四兼学。鎌倉公方(くぼう)の祈願所で、足利氏帰依を受けた。
鹿児島市上竜尾町にある時宗(じしゅう)の寺。山号は松峯山。開創は文治2年(1186)、開基は島津忠久と伝えるが、弘安7年(1284)島津久経再興、開山は覚阿西郷隆盛桐野利秋らのがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうこうみょうじ【浄光明寺】
神奈川県鎌倉市扇ヶ谷にある真言宗泉涌寺派の寺。泉谷山と号す。開山は真阿(真聖国師),開基は北条長時。当初は真言,天台,禅,律の4宗兼学であった。鎌倉時代は北条氏,室町時代は足利氏の保護を受け,塔頭(たつちゆう)も多い大寺であった。現在,木造阿弥陀如来および両脇侍座像(重要文化財)をはじめとする諸仏像や絵画,足利尊氏,足利直義,足利義満らの古文書数十通が保存されている。【今井 雅晴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

浄光明寺
じょうこうみょうじ
神奈川県鎌倉市扇ヶ谷(おうぎがやつ)にある真言(しんごん)宗泉涌寺(せんにゅうじ)派に属する寺。泉谷山(せんこくさん)と号する。1251年(建長3)に北条長時(ながとき)が建立。開山は浄土宗の真阿(しんあ)。第3世智庵高恵(ちあんこうえ)のころには真言、天台、華厳(けごん)、律の四宗を兼学した。1333年(元弘3・正慶2)後醍醐(ごだいご)天皇の勅願所となり、足利尊氏(あしかがたかうじ)・直義(ただよし)兄弟も帰依(きえ)し、1399年(応永6)に足利満兼(みつかね)が祖父基氏(もとうじ)と父氏満(うじみつ)の分骨を当寺に納め、代々の鎌倉公方(くぼう)から寺領安堵(あんど)を受けて栄えた。江戸時代には徳川家康も寺領を寄せた。本尊の阿弥陀(あみだ)三尊像は鎌倉彫刻の代表的作例で、国重要文化財である。地蔵菩薩(ぼさつ)(県文化財)は足利直義の念持仏といわれ、通称矢拾(やひろい)地蔵とよばれている。裏山には石造五輪塔(国重要文化財)や、兄為氏(ためうじ)と和歌所のことで争い、母阿仏尼(あぶつに)とともに鎌倉に下向した鎌倉中期の歌人冷泉為相(れいぜいためすけ)の墓(国史跡)がある。[祖父江章子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうこうみょう‐じ ジャウクヮウミャウ‥【浄光明寺】
[一] 神奈川県鎌倉市扇ケ谷(おうぎがやつ)にある真言宗泉涌寺派の寺。山号は泉谷山。建長三年(一二五一)北条長時の創建。開山は真阿。後醍醐天皇の勅願寺。近世までは四宗兼学の道場。冷泉為相(れいぜいためすけ)の墓と伝えられる塔がある。
[二] 鹿児島市上龍尾町にあった時宗の寺。山号は松峰山。文治五年(一一八九)島津忠久が宣阿を開山に創建。建治三年(一二七七)久経のとき一遍の弟子覚阿が現宗に改めた。明治初年の排仏毀釈で廃寺。旧境内は西郷隆盛、桐野利秋など西南の役の薩軍二〇二三柱が眠る南洲墓地(県史跡)となっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄光明寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浄光明寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation