@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浄慈寺【じんずじ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

浄慈寺(じんずじ)
じんずじ
中国、杭州(こうしゅう/ハンチョウ)(浙江(せっこう/チョーチヤン)省)の西湖(せいこ/シーフー)の南岸にある寺。「じょうじじ」ともいう。禅宗五山の第四。北岸の大昭慶律寺(だいしょうけいりつじ)と対する。寺の南に南屏山(なんへいざん)がある。954年(顕徳1)呉越忠懿王(ちゅういおう)が創建、慧日永明(えにちようめい)院と号した。開山は法眼文益(ほうげんぶんえき)の法嗣(ほうし)の道潜(どうせん)で、2世は『宗鏡録(すぎょうろく)』100巻を撰(せん)した永明延寿(えんじゅ)で、寺内に宗鏡台がある。宋(そう)の太宗が寿寧(じゅねい)禅院と改め、さらに1139年(紹興9)浄慈報恩光孝禅寺と改める。何度かの火災にあい、現存の建物は、御書「浄慈寺」の額を賜った1699年(康煕38)以後に重修されたものである。[鎌田茂雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄慈寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浄慈寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation