@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浄瑠璃寺【じょうるりじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浄瑠璃寺
じょうるりじ
京都府南端部,木津川市にある真言律宗九品寺,九躰寺ともいう。聖武天皇により行基創建し,薬師仏を安置したと伝えられる。永承2 (1047) 年義明上人が再興し,定朝様 (→定朝 ) の9体の阿弥陀如来坐像を安置した。のち火災にあったが,本堂三重塔を免れて現存し,国宝指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうるり‐じ〔ジヤウルリ‐〕【浄瑠璃寺】
京都府木津川市加茂町西小にある真言律宗の寺。山号は小田原山。開創には諸説がある。永承2年(1047)本願義明が本堂を建立、のち保元2年(1157)に移築され、このころ9体の阿弥陀如来像が安置された。本堂や三重など多数の国宝のほか吉祥天立像なども有名九体寺(くたいじ)。九品寺(くほんじ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

浄瑠璃寺
△京都府木津川市▽にある寺院。真言律宗。創建年代は諸説あり不詳。本尊は阿弥陀如来。庭園は国の特別名勝・史跡、9体の阿弥陀如来像を安置する本堂(阿弥陀堂)は国宝に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄瑠璃寺
△愛媛県松山市▽にある寺院。真言宗豊山派。山号は医王山、院号は養珠院。本尊は薬師如来。養老年間の創建と伝わる。四国八十八ヶ所霊場第46番札所。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうるりじ【浄瑠璃寺】
京都府相楽郡加茂町にある真言律宗の寺。小田原山法雲院と号す。本尊阿弥陀如来像。本堂に9体の阿弥陀如来を安置するので,九品(くほん)寺とも,九体(くたい)寺ともいう。境内は広潤で幽邃景勝地で,大門を入ると眼前に阿字池が広がる。この阿字池を挟んで三重塔と本堂の阿弥陀堂が東西に相対し,平安後期の貴族社会に盛行した阿弥陀浄土信仰の描く理想境をいまにしのばせている。739年(天平11)聖武天皇の勅願を奉じた行基の開創とか,天元年間(978‐983)多田満仲の創建ともいうが,いま一つ確かでない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうるりじ【浄瑠璃寺】
京都府木津川市にある真言律宗の寺。山号、小田原山。聖武天皇の勅願により天平年間(729~749)行基の開創という。1047年義明ぎみようが中興。阿弥陀如来像九体と本堂(九体阿弥陀堂)、三重塔・吉祥天女像などで知られる。九体くたい寺。九品くほん寺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浄瑠璃寺
じょうるりじ
京都府木津川(きづがわ)市加茂町西小(かもちょうにしお)にある真言律宗の寺。小田原山(おだわらさん)法雲院と号し、通称九品寺(くほんじ)、九体寺(くたいじ)ともいう。本尊は九体阿弥陀如来(あみだにょらい)。創建については諸説あるがさだかでない。『浄瑠璃寺流記事』によると、1047年(永承2)當麻寺(たいまでら)の僧義明(ぎめい)が堂宇を建立したと伝える。現在、三重塔内に安置されている薬師(やくし)如来像は、九体阿弥陀如来像より60年前に造顕されたこの寺の初めの本尊である。1107年(嘉承2)には新本堂として九体阿弥陀堂が建立された。1150年(久安6)には興福寺一乗院門跡(もんぜき)伊豆僧正(そうじょう)恵信(えしん)によって池が掘られ、庭園がつくられて、現在の寺観の基礎ができあがった。1178年(治承2)鐘楼が完成。同年京都一条大宮(京都市上京区)から三重塔が移築された。平安後期から鎌倉時代へかけて諸堂が造営され、各種法会(ほうえ)が行われている。興福寺との関係も深く顕密の道場として発展した。1343年(興国4・康永2)火災によって諸堂焼失したが、さいわい、本堂(九体阿弥陀堂)と三重塔(いずれも国宝)は火難を免れ、平安時代に流行した阿弥陀浄土信仰の形式を残している。寺宝は多く、木造阿弥陀如来坐像(ざぞう)9体、木造四天王立像4体は国宝に、薬師如来坐像、地蔵菩薩(ぼさつ)立像、延命地蔵菩薩立像、不動明王および二童子立像、吉祥天(きちじょうてん)立像、馬頭観音(かんのん)立像、三重塔初重壁画、石灯籠(いしどうろう)2基は国重要文化財に指定され、庭園は史跡・特別名勝。[野村全宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

浄瑠璃寺
(京都府木津川市加茂町西小札場40)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうるり‐じ ジャウルリ‥【浄瑠璃寺】
京都府相楽郡加茂町にある真言律宗の寺。山号は小田原山。阿彌陀仏九体を本尊とするところから九体寺(くたいじ)・九品寺(くほんじ)とも呼ばれる。天平年間(七二九‐七四九)聖武天皇の勅願により行基(ぎょうき)が開いたと伝えられる。永承二年(一〇四七)義明が中興。本堂・三重塔・阿彌陀如来坐像・四天王立像は国宝。また吉祥天立像は秘仏として有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

浄瑠璃寺
じょうるりじ
京都府相楽郡加茂町にある真言律宗の寺
九品阿弥陀仏を安置するので,九品寺 (くほんじ) ともいう。奈良時代行基の建立と伝えるが確かでない。藤原時代に建立された九体阿弥陀堂の唯一遺構として著名。その他三重塔や彫刻の『九品阿弥陀仏像』『吉祥天女像』など藤原時代のものが多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄瑠璃寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浄瑠璃寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation