@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浅井長政【あさいながまさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浅井長政
あさいながまさ
[生]天文14(1545)
[没]天正1(1573).8.9. 近江,小谷
戦国大名。久政の子。幼名は猿夜叉,のち新九郎,備前守と称した。浅井父祖2代の近江北半の経営を受継ぎ,初め六角氏のために勢力の伸長ができなかったが,永禄6 (1563) 年織田信長の妹お市 (→小谷の方 ) をめとって勢力を拡張していった。同 11年信長とともに観音寺城を陥れて,六角義賢父子を追い,さらに朽木元綱を従え,近江の大半を領した。その後信長が天下統一を志向するに及び,長政は朝倉義景六角承禎本願寺と連合して信長にそむき,その打倒をはかったが,元亀2 (71) 年には比叡山が焼打ちにあい,天正1 (73) 年には朝倉義景が滅ぼされ,ついには居城小谷を信長に攻撃され落城,自殺した。なお長政の3人の娘は,のちにそれぞれ豊臣秀吉の側室 (淀君) ,京極高次徳川秀忠の夫人となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あさい‐ながまさ〔あさゐ‐〕【浅井長政】
[1545~1573]戦国時代の武将。近江(おうみ)小谷城主。織田信長の妹お市を妻として織田家と同盟を結んだが、のち信長と対立。元亀元年(1570)姉川の戦いに敗れ、さらに本拠の小谷城を攻められて自刃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

浅井長政 あさい-ながまさ
1545-1573 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)14年生まれ。浅井久政(ひさまさ)の子。淀殿(よどどの)の父。近江(おうみ)(滋賀県)小谷(おだに)城主。六角氏をやぶり,近江の大半を領した。織田信長の妹お市の方を妻とし信長とむすんだが,のち長年同盟関係にあった朝倉義景を支援し,元亀(げんき)元年織田・徳川軍と姉川でたたかって敗れる。天正(てんしょう)元年信長に小谷城を攻められ,8月28日自害した。29歳。初名は賢政。通称は新九郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あさいながまさ【浅井長政】
1545‐73(天文14‐天正1)
北近江の戦国大名。久政の子。はじめ六角義賢(承禎)の偏諱(へんき)を得て新九郎賢政と称し,1560年(永禄3)家督を継いだ。翌年,賢政を捨てて備前守長政と改名。長政のころ,浅井氏は守護京極氏を完全に圧倒し,六角氏との同盟関係も清算し独立した戦国大名としての地位を確立し,最盛期を迎えた。1560年の野良田合戦で浅井氏は初めて六角氏を破り,以後,しきりに南進を策し,信長の妹お市(小谷方(おだにのかた))をめとり友好関係にあった織田氏とともに68年観音寺城を陥落させて六角義賢父子を走らせ,ついで高島郡の朽木(くつき)氏を服属させて江北の領有を確立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あさい‐ながまさ【浅井長政】
戦国大名。近江小谷城主。織田信長の妹、お市の方と結婚して信長と同盟を結んだが、その後朝倉義景を支援して、織田信長、徳川家康の軍と姉川で戦って敗退。のち、信長に小谷城を攻められ、自刃した。淀君の父。天文一四~天正元年(一五四五‐七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

浅井長政
あさいながまさ
1545〜73
戦国時代の武将
織田信長の妹を (めと) る。六角氏の内紛に乗じ信長に協力して近江南部を平定し,足利義昭 (よしあき) の上洛を護衛した。のち1570年姉川の戦いでは朝倉義景に味方して信長と戦って敗れ,'73年小谷城で自刃し,浅井氏は滅亡した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅井長政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅井長政の関連情報

関連キーワード

チェリーニルートウィヒ川越城トリエント公会議ファルネーゼ植物園パウルス(3世)パレトリエント公会議鳥谷敬

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation