@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浅井【あざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浅井
あざい
滋賀県北部,長浜市東部の旧町域。姉川とその支流草野川流域に位置する。1954年 4村が合体して町制。1956年上草野村を編入。2006年長浜市,びわ町と合体して長浜市となった。米作中心の農業であったが,減反対策としてコムギダイズアズキも栽培される。ほかに野菜,メロン栽培などが行なわれる。地域の 70%は森林で覆われ,林業も行なわれる。大規模農家育成がはかられているが,兼業化が著しい。平安時代に開創された野瀬の大吉寺,小室藩主小堀氏の菩提寺である近江孤篷庵(→小堀遠州),国指定重要文化財の木造毘沙門天立像を有する醍醐寺など古社寺が多い。小谷城跡は国の史跡。南部の姉川中流沿岸は姉川の戦い古戦場で有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あさい〔あさゐ〕【浅井】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あさい【浅井】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浅井
あざい
滋賀県北東部、東浅井にあった旧町名(浅井町(ちょう))。現在は長浜(ながはま)市の南東部を占める一地区。1954年(昭和29)湯田、田根、下草野、七尾(ななお)の4村が合併して町制施行。1956年浅井町は上草野村を編入。郡名と旧領主名が町名の由来。2006年(平成18)長浜市に合併。北東部は山地、南西部は草野川、姉川流域の平野で、縄文期以降各時代の遺跡が存在する。国道365号(北国脇(ほっこくわき)往還)が通じる。養蚕が盛んであったが、衰退した。水田からの転作農業が顕著になりつつある。また、兼業化が進んでいる。長浜機業の一翼を担う繊維工業や林業が旧町域各地でみられる。特産品として伊吹艾(いぶきもぐさ)がある。[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あさ‐い ‥ゐ【浅井】
〘名〙 能面の一つ。中年の女を表わす「深井(ふかい)」よりやや品位が軽いところからいう。狂女物などに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あさい あさゐ【浅井】
(古くは「あざい」か) 滋賀県北部、琵琶湖北東岸にあった郡。古くからひらけ、「和名抄」では一三郷を置き、中世には多くの荘園に分かれる。明治一三年(一八八〇)東浅井・西浅井の二郡に分割。西浅井郡は同三〇年伊香郡に編入されて消滅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅井」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浅井の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation