@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【はま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はま
beach
高潮線と低潮線の間にある海岸の部分をいう。通常,堆積物から成る海岸をさし,礫浜砂浜,泥浜に分類する。礫浜はが狭く急傾斜をなす。泥浜は湾奥部や河口に発達し,幅が広く傾斜はゆるやかである。また小石から成る海岸を砂浜,岩石海岸磯浜ということもある。人文地理学では海岸の漁業集落を浜と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はま【浜】
海や湖の水際に沿う平地。浜辺。
(大阪地方で)河岸(かし)。
横浜」の略。「っ子」
《「揚げ浜」の略》「上げ石」に同じ。
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひん【浜〔濱〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ヒン(呉)(漢) [訓]はま
〈ヒン〉
水が陸に接する所。波打ち際。はま。「浜堤海浜水浜
横浜。「京浜
〈はま〉「浜辺浜千鳥塩浜州浜砂浜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はま【浜】[書名]
俳句雑誌。昭和21年(1946)、大野林火創刊主宰同人として野沢節子、村越化石らが参加した。大野没後は松崎鉄之が主宰を継承。平成25年(2013)8月号をもって終刊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

はま
?-? 江戸時代前期のキリシタン。
出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹義宣(よしのぶ)の側室。元和(げんな)(1615-24)のころ,イエズス会宣教師カルバリヨから洗礼をうけようとしたが,義宣にゆるされなかった。城中から追放されたあと受洗して信者と結婚した。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はま【浜】
浜という言葉は,日本では,海や湖に沿った比較的平たんな砂礫地を指して使われ,岩礁性の磯浜と砂泥性の砂浜とがある。漁村では,浜は,地引網(じびきあみ)などの引場として,あるいは船揚場や網干場として共同で管理されている場合が多い。漁村の家はいったいに作業場がほとんどなく,網の修理や漁具の手入れ,あるいは魚の分配や加工などは,共同の作業場である浜が利用された。砂浜を指すことばとしては,ウタ,ナゴ,ヨリアゲユリアゲ,それに関東から東北にかけてスカなどが,古来より使われている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


はま

満潮汀線(ていせん)よりすこし上に位置する波の到達限界から、海側の干潮汀線までにみられる比較的平坦(へいたん)な帯状地をいう。満潮汀線より海側は前浜(まえはま)、陸側は後浜(あとはま)とよばれることもある。浜は泥や砂や礫(れき)、巨(漂)礫、岩などからなり、それぞれ、泥質浜、砂浜、礫浜、漂礫浜、磯(いそ)(岩)浜とよばれる。また、砂泥などの堆積(たいせき)物からなる浜を一般に砂浜とよび、巨礫や岩石質の浜を磯とよぶこともある。浜は平面形や規模によって、三日月浜、ポケット浜などの呼称がある。

[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はま【浜】
[1] 〘名〙
① 海や湖の、水ぎわに沿った平地。浜辺。海辺。
※古事記(712)中・歌謡「浜つ千鳥 波麻(ハマ)よは行かず 磯伝ふ」
② 大阪で、河岸(かし)、川端をいう。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「天満の舟祭りが見ゆるこそ幸はひなれ、浜(ハマ)にかけたる桟敷へ」
③ 浜辺や川岸に設けられた市。中世では大坂の四天王寺門前の浜市。近世では米市のあった大坂の堂島の川岸。また、その米市にたずさわる人。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「凡京町人、浜商人、鎌倉誂物」
④ 囲碁で、盤上から取り除かれた石。①の意を掛けて用いることもある。あげいし。あげはま。浜石。
※拾遺(1005‐07頃か)雑下・五五二「しら浪の打やかへすとまつほどにはまのまさごのかずぞつもれる〈村上天皇〉」
⑤ (「しおはま(塩浜)」の略) 塩田。
⑥ 江戸の品川の遊里で、応接間・客間にあたる「見通し」のこと。海が見渡せるところからいう。
※洒落本・古契三娼(1787)「見とうしの事を浜(ハマ)といひやす」
⑦ 「はまぐり(蛤)」の略。おはま。
※御湯殿上日記‐大永八年(1528)六月一日「すけ殿よりはままいる」
[2]
[一] 「よこはま(横浜)」の略。
※歌舞伎・船打込橋間白浪(鋳掛松)(1866)序幕「上州あたりの商人体(あきんどてい)だが、横浜(ハマ)ででも儲けた金か」
[二] 「きたはま(北浜)」の略。〔モダン辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation