@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浦役【うらやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浦役
うらやく
江戸時代,漁村に課された雑税小物成 (こものなり) の一種。ほかに漁村,漁業を管理,統制する役職のこともさす。海難事故が起った際には,役の指揮救助が行われることになっていた。浦百姓が浦役の命令に反した場合,漁業権を停止させられるなど,その力は強かった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うら‐やく【浦役】
漁村で浜や漁業を管理する役目。浜役。浜がかり。
江戸時代、漁村民に課せられた賦役(ふえき)・雑税。浜役。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うらやく【浦役】
江戸時代の漁業年貢のなかで,漁業者に賦課されていたものの一種であるとみられる。実際の漁業年貢はかなり多種多様,複雑であり,各藩間の差異も大きかった。さらに,その具体的基準について把握した業績がないので,その全貌についてはまだ明らかにされていないが,大別するとその課税対象は,(1)漁業者,(2)漁場,(3)漁船漁具,(4)漁獲物などである。(4)のなかには分一(ぶいち)税も含まれていたが,その他は定額の小物成(こものなり),すなわち雑税であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

浦役
うらやく

江戸時代あるいはそれ以前から、沿岸の浦方(漁村)に課せられた賦役(ぶやく)または小物成(こものなり)(雑税)の一種。初めは、難破船の救助、幕府荷物の海上運搬など賦役の形で徴収されたが、しだいに米や貨幣で納めるようになった。そうした場合、浦役米、浦役銭(銀)とも称した。浦役を勤める浦は、その見返りとして地先(じさき)漁業権や浦浜利用権が認められていた。

 能登(のと)国鹿島(かしま)郡七尾(ななお)町(石川県七尾市)では、1843年(天保14)の小物成に浦役銀3貫文がみえる。出雲(いずも)国島根郡加賀浦(かかうら)(島根県松江市)では浦役米として玄米7石が賦課されている。紀州(和歌山県)牟婁(むろ)郡の田辺(たなべ)藩領の浦付村々では、公儀荷物の海上輸送を浦役と称して、すべての公儀荷物の海上輸送は浦役の負担であったという。泉州(せんしゅう)泉郡忠岡(ただおか)村(大阪府泉北郡忠岡町)では12匁の浦役銀を漁船に割賦して納めている。また、泉州日根(ひね)郡中庄(なかしょう)村(泉佐野市)の出村である湊(みなと)村は、自村に浦浜がないため、隣村佐野村へ毎年浦役銀220匁を差し出して佐野浦の浜を借り、ここに着船して商売物の灰俵を陸揚げしていた。さらに、日根郡脇浜(わきはま)村(貝塚市)にみられる「浦役高拾壱石七斗四升」、この「浦役銀百目」は、浦方の地先漁業権の代償として「浦役高」「浦役銀」があり、それは浦町数(南北24町53間)を石高に結び、その石高を基準に「浦役銀」が課せられたものである。ここにみられる浦役高は、安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、長門(ながと)などの海高(うみだか)(海石(うみこく)、浦石)と同質のものである。

[川鍋定男]

『野村豊著『近世漁村史料の研究』(1956・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うら‐やく【浦役】
〘名〙
① 海村で浦方や漁業を管掌する役目。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「引塩にさされてのぼる新酒にて 月を片荷にかくるうら役〈三昌〉」
② 沿海の浦々の住民に賦課する海上、陸上の夫役(ふえき)。ただその内容はかならずしも一定せず、陸上の夫役を浦役といい、海上の夫役を海役といって区別することもあった。浦方ではこれら夫役の反対給付として多くの場合漁業権を得た。〔兵庫県漁業慣行録(明治か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

浦役
うらやく
①江戸時代,漁村に課せられた雑税
②江戸時代,漁村の取締りにあたる役職
浜役ともいう。難破船の救助,荷物の運搬などの夫役をいい,またはこれに代わる現物・貨幣を納めた。
浜役・浜がかりともいう。漁村や港町に置かれ,船籍の管理,漁業統制,難破船の処理などにあたった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浦役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浦役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation