@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浪花節の芸風と用語【なにわぶしのげいふうとようご】

日本大百科全書(ニッポニカ)

浪花節の芸風と用語
なにわぶしのげいふうとようご
関西節(かんさいぶし)
 浪花節を大別すると、関西節、関東節、合いの子節に分かれる。関西節がいちばん古く、明治30年代までは浮連(うかれ)節といった。関東節より三味線の棹(さお)が太く、低調子が基本となり、節回しは多様性に富んでいる。恭安斎(きょうあんさい)を始祖とする京山(きょうやま)派と、奈良丸を中心とした吉田派が主流。
関東節(かんとうぶし)
 関西に比べて伴奏の三味線の棹が細く、甲(かん)高い音の連続で単調になりやすいが、哀切、悲壮感が漂う。駒吉(こまきち)を祖とする浪花亭派、その流れから独立した木村派、上州祭文(さいもん)に瞽女(ごぜ)歌などを加味した東家(あずまや)派、でろれん祭文に近代的なくふうを加えた玉川派などが主流。
合いの子節(あいのこぶし)
 伊勢(いせ)祭文の流れをくんだ鼈甲斎虎丸(べっこうさいとらまる)がその源流であるが、2代広沢虎造(とらぞう)が売り出し時に大いに取り入れ、活用したために浪曲師の多くが用いるようになった。
一声・二節・三啖呵(いちこえ・にふし・さんたんか)
 浪曲師として成功する三要素を表現したことば。声のよいことが第一条件で、次に聴衆をひきつける独自の節回しをもつこと、三番目に啖呵とよばれる会話や語りの部分のよしあしが問題となる。
下題付(げだいづけ)
 マクラという語り始めの節(ふし)の一種であるが、庶民芸らしく登場人物や物語のあらすじまでうたい込み、さらに聴衆への挨拶(あいさつ)や感謝まで語ってしまうことがある。
当て節(あてぶし)
 物語の山場や、登場人物の感情が盛り上がったところなど、あるいは客の興味をひきつけたいところで用いる、浪曲師それぞれのいちばん得意とする節。

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浪花節の芸風と用語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浪花節の芸風と用語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation