@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浪華悲歌【ナニワエレジー】

デジタル大辞泉

なにわエレジー〔なには‐〕【浪華悲歌】
溝口健二監督、依田義賢脚本による映画の題名。昭和11年(1936)公開。家族の借金学費工面のために妾(めかけ)になり、男から金をだまし取った女性が、その家族から突き放され転落していく姿を描く。出演、山田五十鈴、大倉千代子ほか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浪華悲歌
なにわえれじー
日本映画。1936年(昭和13)作品。溝口健二(みぞぐちけんじ)監督。溝口のトーキー初期の代表作。溝口は関東大震災以降、関西に移住し、その風土を生かした作品を構想していた。日活から離れた映画プロデューサーの永田雅一(ながたまさいち)(1906―1985)が設立した独立プロダクション、第一映画で製作のチャンスが到来し、大阪を舞台に転落していく若い女性を描いた本作と、京都を舞台に芸者の姉妹を描いた『祇園(ぎおん)の姉妹(きょうだい)』(1936)の2本を、山田五十鈴(やまだいすず)の主演で映画化する。溝口とのコンビで名をはせた依田義賢(よだよしかた)のシナリオによるこの2本は、男女間の抗争のドラマをフェミニズム的な視点から描くという、溝口の年来のコンセプトが生かされており、また、関西の風土に根ざす特有のキャラクターを綿密に描き出して独自性を発揮している。一場面で一つの挿話を描くワンシーン・ワンショット(長回し)の手法を駆使し、ローキートーン(暗い画調)も確かなものとなった。日本映画は、1930年代中ごろにトーキーによるリアリズムの時代を迎え、小津安二郎(おづやすじろう)監督の『一人息子』(1936)とともに、本作もリアリズムの代表作と評価された。山田はこの作品で演技に開眼し、有力な女優として成長していく。[千葉伸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浪華悲歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浪華悲歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation