@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浮世草子【うきよぞうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浮世草子
うきよぞうし
江戸時代前期~中期に行われた小説一種。天和2 (1682) 年の井原西鶴の『好色一代男』以後,宝暦,明和 (1751~72) 頃まで約 80年にわたり,上方中心に行われた現実主義的で娯楽的な町人文学をさす。ただし西鶴当時は西鶴の作品は仮名草子と呼ばれており,浮世草子の名称が生れたのは宝永年間 (04~11) 。「浮世」とは中世の「憂世」に代るものであり,「楽的」「当世的」などのをもつ。遊里や劇場を舞台に町人の享楽生活を描いた好色物,町人の経済生活を描いた町人物,諸国咄 (ばなし) 的要素をもつ雑話物,そのほか武家物,怪異物,伝奇小説などを含む。初期の西鶴時代は大坂中心,宝永頃からの八文字屋本全盛期は京都中心。作者には西鶴のほかに錦文流西沢一風都の錦江島其磧らがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うきよ‐ぞうし〔‐ザウシ〕【浮世草子】
江戸時代の小説の一種。天和2年(1682)刊の井原西鶴の「好色一代男」以後、元禄期を最盛期として約80年間、上方(かみがた)を中心に行われた小説の一種。仮名草子と一線を画した写実的な描写が特色で、現世的・享楽的な内容。好色物町人物武家物気質物(かたぎもの)などに分けられ、西鶴以後は八文字屋本が中心。浮世本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うきよぞうし【浮世草子】
1682年(天和2)の井原西鶴の《好色一代男》より約100年,天明初年までのあいだ,主として京坂の地で行われた,現実的な態度で風俗・人情を描くことを基本的な姿勢とする小説の総称。西鶴の活動によって,町人はみずからの文学をはじめて獲得したといってよい。浮世草子の語の用例は1600年代末より散見するが,好色物を主とする理解がなされており,使用は一般的でなく,明治以後文学史の術語として採用された。当時の現実肯定的な風潮遊女評判記盛行の下に成った《一代男》は絶大な人気を得,西鶴はつぎつぎと好色物を書き,人間臭い奇異談集《西鶴諸国ばなし》(1685)などの雑話物,武士を扱う《武道伝来記》(1687)などの武家物,町人の経済生活を扱う《日本永代蔵》(1688)などの町人物と,金銭など従来文学で避けられたものまでを対象に,鋭利な人間観察と印象鮮烈な表現による新境地を開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うきよぞうし【浮世草子】
江戸時代の小説の一形態。1682年成立した井原西鶴の「好色一代男」に始まり、天明年間(1781~1789)頃まで上方を中心に流行した。民衆の教化・啓蒙けいもうを主とした仮名草子に対し、遊里・芝居を中心に町人の世界を描く。西鶴をはじめ、西沢一風・錦文流・江島其磧・八文字屋自笑などの作家がおり、好色物・町人物・気質物かたぎもの・怪異小説など、その形態・題材も多岐にわたる。浮世本。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浮世草子
うきよぞうし
1682年(天和2)刊の井原西鶴(さいかく)作『好色一代男』を起点に、100年間主として京坂で行われた、社会の風俗描写を基本的な方法とする小説群の総称。[長谷川強]

第1期(1682~1699年)

『好色一代男』は当時の現実肯定的風潮の下に、着想、描写の奇警さで歓迎され、西鶴自身『好色二代男』以下の好色物を出すとともに、『武道伝来記』などの武家物、『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』『世間胸算用(むねさんよう)』などの町人物、『西鶴諸国ばなし』などの雑話物と対象を広げ、題材、方法ともに新境地を開き、以後の作者の指針となった。同時期に京都の本屋西村市郎右衛門の作(西村本)があるが、西鶴に及ばない。西鶴の好色物はとくに歓迎され、1693年(元禄6)の西鶴没後も亜流の好色短編集が多出したが、雲風子林鴻(うんぷうしりんこう)の『好色産毛(うぶげ)』、夜食時分(やしょくじぶん)の『好色万金丹(まんきんたん)』はそのなかの秀作である。[長谷川強]

第2期(1700~1711年)

第1期末の好色物一辺倒の風潮を破ったのが、西沢一風(いっぷう)の『御前義経記(ごぜんぎけいき)』(1700)と江島其磧(えじまきせき)の『けいせい色三味線(いろじゃみせん)』(1701)である。前者は古典、演劇の利用により伝奇化、長編化の道を開き、後者は構成の整正、複雑と趣向の奇で人気を得た。後者の版元の京都の八文字屋(はちもんじや)八左衛門(号自笑(じしょう))の才と、一風、其磧両者の競作がこの期の浮世草子界の動向を定めた。古典利用による長編化と新題材の採取、演劇色導入による筋の複雑化、演劇と同一事件を取り上げての長編事実小説、それらを覆う構成、趣向の重視などが作品にうかがえる。都の錦(みやこのにしき)は和漢古典利用による衒学的(げんがくてき)な作品を出し、北条団水(だんすい)、青木鷺水(ろすい)、月尋堂(げつじんどう)などが和漢説話に題材を得た短編集を出し、錦文流(にしきぶんりゅう)に長編の事実小説の作がある。しかし一風、其磧の抗争は、1711年(正徳1)の其磧の『傾城禁短気(けいせいきんたんき)』という当期の趣向重視の傾向の頂点となる作により、其磧の勝利に終わり、一風は浮世草子の作から遠ざかるようになる。[長谷川強]

第3期(1712~1735年)

其磧は八文字屋より作品を出していたが、1711年前後より利益配分をめぐって八文字屋と抗争する。其磧に有利な解決を得られぬままに和解に至るが、その間に八文字屋を圧倒しようと新趣向の作を出すことに努力し、『世間子息気質(むすこかたぎ)』(1715)などの気質物を創始したこと、実際事件と浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)の趣向、構成法を結び付けた長編の時代物を書き始めたことは注目される。和解後、浮世草子界は本屋八文字屋と作者其磧の制圧下に置かれ、江戸移出のルートもできた。後年八文字屋本の称が生まれるのもこの全盛を背景とする。この間、其磧の作の多くは浄瑠璃、歌舞伎翻案の時代物で、長編小説構成技法の進歩にみるべきものがあるが、前期の作の緊張は失われるに至る。この期は其磧の死をもって終わる。[長谷川強]

第4期(1736~1766年)

八文字屋は其磧にかわって多田南嶺(ただなんれい)を作者に起用する。南嶺は学者であるが、余技に筆をとり、浄瑠璃、歌舞伎翻案の時代物が多い。気質物の『鎌倉諸芸袖日記(そでにっき)』(1743)が代表作である。彼の作は皮肉で才気に満ち、複雑で技巧的であるが、余技の気安さからか質的にむらが多い。1750年(寛延3)の彼の死後、自笑の孫八文字瑞笑(ずいしょう)らが時代物を出すが、力量不足のうえに、時代物の基盤であった上方(かみがた)の浄瑠璃界の衰退という事情もあり、振るわず、1766年(明和3)八文字屋は従来出版の版木の大部分を他に譲渡し、浮世草子出版の第一線から退くに至る。[長谷川強]

第5期(1767~1783年)

この期の初めに上田秋成(あきなり)が和訳(わやく)太郎の筆名で出した気質物『諸道聴耳世間猿(しょどうききみみせけんざる)』(1766)、『世間妾形気(てかけかたぎ)』(1767)は秀作であるが、気質物を多作したのは永井堂亀友(ながいどうきゆう)で、奇を求め人情を離れた極端な性格を描き、凡作が多い。大雅舎其鳳(たいがしゃきほう)(荻坊奥路(おぎのぼうおくろ))を作者に大坂の吉文字屋(きちもんじや)市兵衛が浮世草子を多く出し、当時流行の中国白話(はくわ)小説の利用など努力はみられるが、才能不足で浮世草子回生の効はなかった。江戸の地の新興文学隆盛に反し、浮世草子はやがて衰滅するのである。[長谷川強]
『野間光辰校注『日本古典文学大系91 浮世草子集』(1966・岩波書店) ▽長谷川強著『浮世草子の研究』(1969・桜楓社) ▽長谷川強他校注・訳『日本古典文学全集37 仮名草子集・浮世草子集』(1971・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うきよ‐ぞうし ‥ザウシ【浮世草子】
〘名〙 近世小説の一種。文学史上、天和二年(一六八二)出版の井原西鶴作「好色一代男」以降、安永(一七七二‐八一)頃までの約一〇〇年間、主として上方を中心に出版された写実的な庶民文学をさす。浮世本。
※浮世草子・風流比翼鳥(1707)一〇「末はよし原細見図、一つとやの数へうた、さてはとはどうしゃのうき世ぞうしなどうりあるき」
[語誌](1)西鶴当時はまだ、仮名草子と呼ばれており、「浮世草子」の称は、宝永年間(一七〇四‐一一)頃から行なわれたが、その時点では当時の「浮世」の意味を反映して、享楽的で猥雑な好色本と同義に使われた。
(2)正徳(一七一一‐一六)頃、西川祐信の春本まがいの好色本が出ると、それらと区別して、好色物ではあるが、当時の世態人情を描く本の意で使われた。
(3)作品の内容が長編化し時代物が主流になる中で、享保(一七一六‐三六)以後は、「読本」と称されることも多くなるが、江戸読本の隆盛期を迎える文化文政(一八〇四‐三〇)期以後は、それらと区別して、「浮世草子」の語も復活した。これを受けつぎ、明治以後、西鶴やその周辺の作家の作品、及び八文字屋本などを示す文学史上の用語として定着した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮世草子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮世草子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation