@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浮子【フシ】

デジタル大辞泉

ふ‐し【浮子】
漁・釣り用のうき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふし【浮子】
漁具に用いるうき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浮子
あば
float
漁具では具の上辺に取り付けられ、漁具の形状を保持し水面に支えたり、上方に展開させる役目をする資材。釣り漁具としては、浮きけ、浮かしなどともよばれ、錘(おもり)と併用して釣り針を所定の水深に保持する役割がある。材質的な条件として浮揚力の大きいこと、水中に浸漬(しんせき)中に吸水による浮揚力の減少が少ないこと、水圧・波浪による破損が少なく、破損・腐食しにくい堅牢(けんろう)な材質でできていること、自由な形状に加工が容易であることが望まれる。
 従来はタケ、キリ、マツ、ヒノキ、スギ、コルクなどの天然素材が用いられ、ついでガラス玉、ゴム球、鉄製浮子などが出現したが、現在はおもに合成樹脂の塩化ビニル、ポリエステル、ポリエチレン、ウレタン、ABS樹脂、合成ゴムなどが使用されている。形態・構造的には、平形、円球形、ロープ止め用の取っ手を有するもの、楕円(だえん)形、中央に貫通孔のあるもの、発泡体成形(硬質、軟質)など多種多様で、それぞれの漁具の目的に応じて使い分けられている。[添田秀男・吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うき‐こ【浮子】
〘名〙 魚網の上縁につけて網を水面に浮かべるうき。桐などの木材、竹、コルク、ガラス製のびん、ゴム輪などを用いる。網端(あば)。あんば。たが。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐し【浮子】
〘名〙
① 釣(つり)に用いるうき。〔鶏肋編〕
② 水中に浮遊している物。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation