@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浮絵【うきえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浮絵
うきえ
西洋画から取入れた遠近透視図法を用い,実景が立体的に浮き出して見えるように描かれた絵。江戸時代,浮世絵師版元奥村政信創始といわれ,覗機関 (のぞきからくり) や浮世絵版画に応用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うき‐え〔‐ヱ〕【浮(き)絵】
江戸時代、西洋画の透視図法を取り入れた遠近感のある絵。実景が浮き出るように見えるのでいう。初め、のぞきからくりの眼鏡絵に用いられ、芝居小屋内部を描いた浮世絵などにも応用された。遠視画

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うきえ【浮絵】
浮世絵版画の一様式。西洋画の透視遠近法を導入し画中空間の遠近感を誇張して表した絵。中国の清朝眼鏡絵の影響によって生まれたとも考えられる。近景が浮き出て見えるところからこの名が生まれたが,逆に遠景がくぼんで見えるところから〈くぼみ絵〉とも呼ばれた。1740年(元文5)の作と推定される奥村政信の《芝居狂言舞台顔見世大浮絵》などが早期の例で,寛保・延享年間(1741‐48)の第1次流行期に政信と西村重長が,また明和~天明年間(1764‐89)の第2次流行期に歌川豊春が多作している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

浮絵
うきえ

西洋の遠近透視画法を用い、遠近感を強調して描かれた浮世絵のこと。画面がくぼんで見えることから、「くぼみ絵」ともよばれた。おもに劇場内部や室内、あるいは風景などが描かれ、版画、肉筆画ともに作品がある。享保(きょうほう)年間(1716~1736)末ごろから浮世絵に用いられたとする見解が定着しているが、作品は確認されておらず、最古の確実な作例とされるものに、1744年(延享1)春に版行された舞台図が知られている。一般化し始めたのは延享(えんきょう)年間(1744~1748)ごろと考えられる。なお、浮世絵にこの技法を取り入れた創始者は奥村政信(まさのぶ)といわれ、現存する作品も少なくはないが、まだ遠近画法の理解が不十分であったため画面の不統一が目だつ。のち歌川豊春(とよはる)によって、数多くの浮絵が発表され、画法もおよそ完成されたとみられている。

[永田生慈]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うき‐え ‥ヱ【浮絵】
〘名〙 西洋の遠近画法を取り入れた浮世絵・銅板画。実景が浮き出るように見えるところからいう。江戸時代、享保(一七一六‐三六)頃、奥村政信の創始と伝えるが、その後流行し、覗機関(のぞきからくり)の絵にも利用された。遠視画。
※談義本・根無草(1763‐69)前「浮絵(ウキヱ)を見るものは壺中の仙を思ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮絵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浮絵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation